ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

高い壁の道州制

2017年05月05日 | ガジ丸通信-政治・経済

 何年か前、確か、維新の会の提起だったと覚えているが「道州制の導入」というのが話題になっていた。維新の会の考え方や当時の代表の政治姿勢などについて、私は好みではなかったが、「道州制の導入」については諸手諸足を上げて賛成だった。
 道州制がいかなるものかについては、アメリカの州制度のようなものであろうと勝手に想像していた。勝手に想像して諸手諸足を上げていたわけである。後期オジサンという年齢なのにそんなことではいけないと思い、今回少し調べてみた。
 『現代用語の基礎知識』の中、地方自治という大きな括りの中に記載があった。それを読むと、道州制についてはだいぶ前から議論されており、具体的には、
 「2006年2月の「道州制のあり方に関する答申」において全国を9、11、13の道州に分割する三つの区割り案を示している。」とある。ここまで読んで「あーそういえばそうだ、道州制の話はもっと前からあったような気がする。」と思い直す。1週間が2日で過ぎてしまうように感じている後期オジサンは、だいぶ前のことでも数年前と勘違いしてしまう。先日、友人の孫娘に久々に会って、「もう5年生だよ」と聞いて驚いたばかりだ。「オメェ、ついこのあいだ産まれたばかりじゃなかったっけ!」なんて。

 先週土曜日(4月29日)、地道に平和運動を続けている宜野湾市民フォーラム木曜会が主催する「今、何をなすべきか」第三回市民シンポジウムの講演会及び討論会があり、辺野古新基地建設反対の立場である私は、第一回、第二回に続き今回も参加した。
 今回第三回の主題は「住民保護条例の課題と展望」で、県が定める条例によって日米地位協定の理不尽な不平等を打ち破ることが出来るかどうかについて。
 憲法学者である講師の小林武氏によればその可能性はあるらしいが、その主題を聞いた時すぐに私は道州制を連想した。沖縄が州であれば、その州がアメリカのような独立性の高い州であれば、不平等を打ち破る可能性はもっと大きかろうと思った。
 そう思ったのは私だけではなくて、その日のシンポジウムの質疑応答の中で、参加者の1人から「沖縄が単独州であれば・・・」との質問が出された。そう質問した参加者は私のすぐ前に座っていた70代男性で、休憩時間に彼に「何年か前に話題になった道州制は今どうなっていますか?」訊いた。「残念ながら立ち消えになっている」とのこと。それを聞いて私も残念。それでも、水面下では進んでいるかもと希望は持ち続けたい。
     

 そんなことがあって、道州制を調べてみようと思ったわけだが、
 『現代用語の基礎知識』にはさらに、道州制についての問題点も書かれてある。「国と道州、市町村の権限や財源をめぐる問題、各道州間の財政力格差の調整、さらに権限を手放すことを迫られる中央省庁の抵抗などが予想される」とのこと。
 道州制になって、沖縄州になったなら辺野古新基地もどうにかなるのではないかと私は思ったのだが、それは簡単なことではないようだ。「権限や財源をめぐる問題、各道州間の財政力格差の調整」などについては、中央集権思考の荒れ心臓総理の下ではがんじがらめの道州になりそうだが、アメリカがなんとか上手くやっているし、学者と志のある政治家が集まって知恵を出せば、独立性の高い道州制も可能だと思う。しかしながら、「中央省庁の抵抗」は、これが最も大きな壁だと思われる。権力を手放さないだろうな。
     

 記:2017.5.5 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.5.5 梅雨入りも遅れる? | トップ | ナタマメ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。