ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

料理の雑人

2012年02月24日 | ガジ丸通信-社会・生活

 小ぶり(径5センチくらい)のカブを1個丸ごと、有機栽培のカブだったので皮も剥かずにそのまま蒸して、塩を少々振って、食った。美味かった。その時買った有機栽培のカブは3個あった。残りの2個はその前日に皮ごとスライスして漬物(ただの塩漬けだが)にして食った。我ながら良い塩梅だったので美味かった。
 それに味をしめて先週は赤カブを漬物にした。上述の白カブは葉も漬物にしている。この2つもただの塩漬けだが、少々癖があったのでポン酢を足した。美味かった。
  畑の収穫物、2月は既にカリフラワー3個、ブロッコリー2個、セロリ数本、パセリたくさんなどを収穫している。それらも美味しく頂いている。例えば、これは少々手間がかかっているが、カリフラワーとホタテのクリームシチュー、あとは、蒸したブロッコリーやセロリをポン酢で食ったり、塩で食ったりしている。どれも美味かった。

 先週のガジ丸通信にも書いたが、刺身でも食える新鮮なサバに塩を振って、七輪の炭火で焼くとヒジョーに美味い。サバはシメサバにしてもヒジョーに美味い。今週のガジ丸コラムにも書いているが、マグロ(値段の安いビンナガマグロ)はソテーにしても煮物にしても普通に美味しく、酢味噌漬けにするとヒジョーに美味い。

 長引く不況で、建設業である私の勤める会社も業績が悪化し、時短を余儀無くされた私はどんどん貧乏になって行き、今や、溜めこんでいた500円玉貯金の缶を開け、その金ももうすぐ底を付く状況となってしまった。で、食費や酒代も削らなければならなくなっている。食費は元々少食粗食なのであまり多くは無いが、酒代は、日本酒が好きなので高くついていた。で、去年から日本酒も極力減らしている。
 ところが私は、料理が上手、少なくとも世の中に一人は「こんな美味ぇものは無ぇ」と喜んで食ってくれるほど上手いので、日本酒にとても合うような美味い料理も時々作ってしまう。あんまり美味いと日本酒を飲まざるをえなくなる。
 それはしかし、できるだけ我慢するようにはしているが、ある程度しかたがないと諦めている。日本酒のせいで金が尽きて、食い物が買えなくなって餓死したとしても、「酒好きの男、酒を買って飯を食わずに餓死する」と新聞にでも載れば本望だ。
          

 子供の頃からケーキが苦手で、青年の頃は「男が甘い物なぞ食えるか」とウィスキーをストレートで飲むなど粋がっていた私だが、年取るにつれて甘い物を食うことが多くなってきた。ケーキは今でも苦手(油と砂糖の塊としか感じない)だが、和菓子系は好きで、饅頭や餡餅などを時々食後や一服タイムに食べている。
  1個100円ほどの饅頭や餡餅を1日1個食えば月に3千円となる。これを1千円で済ませれば2千円が浮く。2千円あれば日本酒が1升買える。私は概ね1回に2合程度しか飲まないので週に1回飲んでもなお余る。「よし、これで行こう」と決めた。
 お菓子代を3千円から1千円にするにはどうしたらいいか・・・自作すればいいのだ。豆を買った。先ずは大豆、これを煮る。黒砂糖を加える。金時豆でも同様にして食った。まあまあ美味かった。誰がどう言おうが、世の中の一人だけはそれで満足。「一人」とはもちろん私のこと。料理の雑人は大雑把な料理でも満足できるのである。
          

 記:2012.2.24 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美味い物は高価である必要は無い | トップ | アカスジシロコケガ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。