ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

年末

2010年12月31日 | 沖縄04行事祭り・生活風習・言葉

 先週土曜日、模合(大義名分のある飲み会)忘年会があった。友人のSとHと駅で待ち合わせの約束をする。その前に、従姉の孫たちへクリスマスプレゼントを届けに行かねばならない。駅での待ち合わせ時間に十分間に合うよう2時間前に家を出ることにする。
 家を出て、少し歩いてから、その肝心のプレゼントを忘れたことに気付く。家に戻る。30分に1本しかないバス、時計を見ると、乗る予定だったバスにはもう間に合わない。走れば何とか、なのであったが、潔い私はすぐに諦める。30分待つことにする。
 この30分で、忘れ物は他に無いかとよく確認してから再び家を出る。バスに乗ってから携帯電話を忘れたことに気付く。はーっと溜息する。私の脳は大丈夫か。

 飲み会の場所はモノレール旭橋駅近く。旭橋駅の手前は県庁前駅で、そこは国際通りの南端にある。駅前にはパレット久茂地があり、大きなクリスマスツリーが飾られ、国際通りで最も賑やかな場所の一つ。旭橋駅は、そこから徒歩10分くらいのところ。そこらにはホテルや飲食店がいくつもあるのだが、賑やかな場所から徒歩10分くらいの距離でしかないのに、賑やかさはもう100分の1ほどしか無い。クリスマスの匂いがしない。華やかなイルミネーションが無い。道行く人の姿も少ない。
 華やかでない年末は、私の場合、ここ10年ばかり続いている。若い頃は飲み屋で、明け方まで飲んで騒いだこともあったが、今はもう、静かな年末年始を望んでいる。
 「もういくつ寝るとお正月」なんて待ち望む気分は既に無い。生きてきた時間より死ぬまでの時間が短くなってしまって、「あー、また一つ歳を取るか」という気分である。

  今年は、クリスマス前の数日少し寒かったが、ここ十年か十数年、あるいはもっと長い間、年末の沖縄は概ね暖かい日が多かった。これも地球温暖化のせいなのであろう。私が子供の頃は、ここ南国沖縄でも年末=冬=寒いという図式はあった。家には石油ストーブがあり、コタツがあり、祖父母の部屋には火鉢があった。
 私のタンスにはセーターが4枚眠っている。7、8年前の正月、長崎を旅した時に着て以来、ずっと着ていない。最も寒い2月に、セーターを着ようと思えば着られる日もあるが、出すのが面倒なので出さない。無くてもちっとも構わない。結論として は、沖縄ではセーターは必要でない。それも、私が子供の頃はそうで無かった。

 私が初めて、親の知らない所で外泊したのは中学三年の大晦日。「友達と遊んで、そのまま初詣に行くから、帰りは朝になる。」とは伝えてあり、親の了承済み。
 初詣に行ったのは未明の3時頃、その後、眠いということで散会することになった。友人たちと別れ、私も家に帰る。ところが、というか、まあ当然なんだが、家の鍵は閉まっている。起こすのもなんだと思って、どこか寝られるところを探す。
  私の、初めての親知らずの外泊は、野宿となった。野宿は、通っている小学校に隣接している幼稚園の砂場となった。私の格好はセーターにジャンパーであったが、とても寒かった。砂場に転がっている古タイヤを集めて、それを縦に積んで、その中に潜り込んだ。それで冷たい風を防ぐことはできた。でも、空気は冷たかった。
 寒さに耐えながら目を閉じた。少し落ち着いた頃、睡眠を妨げる原因がもう一つあることに気付いた。幼稚園の砂場は、何故だかとても小便臭かった。私の初めての野宿は、寒さと小便の匂いに包まれて、一睡もできぬまま夜が明けた。
     
     
     

 記:ガジ丸 2006.12.26 →沖縄の生活目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリスマス | トップ | 正月 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。