ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ヒラヤーチー

2011年03月11日 | 沖縄の飲食:食べ物(料理)

 おやつになる主食

 子供の頃、盆、正月を含め年に数回は母方の実家に遊びに行っていた。車で2、30分のところだったので、遠出というほどのことでも無かった。
 夏休みになると2泊3日、あるいは3泊4日の滞在となった。その間、母親が一緒でないときは、祖母が我々(姉と私)の食事の世話をした。ご飯、味噌汁、チャンプルーなどといった普通の食事の他に、祖母が決まって出す料理が二つあった。それらは、今でも私の舌の記憶に残っていて、祖母の料理と言えばこれだと言えるものであった。

 その二つとはソーミンプットゥルーとヒラヤーチー。ソーミンプットゥルーについては既に書いたので、今回はヒラヤーチーについて少し。ヒラヤーチーとは、和語で言うと平焼きという意味になる。薄いお好み焼きのようなもの。小麦粉を水で溶いて、玉子とニラ(青ネギでも可)を加える。水溶き小麦粉はお好み焼きと同じくらいの緩さにする。フライパンに薄く油を敷き、タネを回し入れ、薄く敷き詰める。途中、ひっくり返して、焼き色が付いたら出来上がり。醤油、またはソースをつけて食う。
 ヒラヤーチーは、おやつとして出されることもあったが、朝食の主食として出されることも多かった。味噌汁とヒラヤーチー2、3枚といったところ。私も姉も喜んで食べた。美味しかったからだ。ニラしか入っていない薄べったいお好み焼きであったけれど、祖母の作るヒラヤーチーはとても美味しかった。私は好きだった。

  その後、大人になってから、自分でヒラヤーチーを作る機会は何度もあった。今でもたまに作って食べている。祖母の味を懐かしんでのことだ。自分で作ったヒラヤーチーは美味しい範囲に入るのだが、しかし、祖母のそれとは何か違う。小麦粉が薄力粉なのは母が作るのを見て知っていた。ちなみに、母の作るヒラヤーチーも祖母のとは違う。母のものは私のものに近い。祖母のより1ランク落ちる。いったい何が違うのか?
 今、従姉が来たので、その話をした。彼女も、
 「そういえばあのヒラヤーチーは美味しかったね。オバーのソーミンプットゥルーも美味しかったね。」と言う。二人でしばし協議した。
 「もしかしたら油なんじゃないの。ラードを使っていたんじゃないの?」と私。
 「そうだねぇ、ラードかもねぇ。ソーミンもそうだねぇ。コクがあったもんねぇ」と彼女も肯く。というわけで、祖母の作るヒラヤーチーやソーミンプットゥルーの美味しさの秘密はラードにあり、という結論に至った。ヒラヤーチーはラードを用いて焼くと旨い、という実験、及び検証は後日行い、報告することにしましょう。
 

 記:ガジ丸 2004.11.19 →沖縄の飲食目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サーターアンダギー | トップ | オーハンブシー »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。