ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

食べた分動く、動いた分食べる

2016年11月11日 | ガジ丸通信-環境・自然

 オジサンと呼ばれる年齢になって70キロ近くにまで増えていた私の体重、2001年頃から始めた粗食小食によって徐々に落ち始め、2011年2月からは60キロを切るまでに減った。体脂肪率もその頃から12~14%になっていた。
 2012年7月に300坪の畑を借り、ナッピバルと名付け、翌8月から本格的に畑作業を始めた。それ以降、私の平均体重は56~58キロ、平均体脂肪率は10~12%となった。それで体調はどうか?というと、良いのかどうか、少なくとも病院へ行かなければならないような大病にはなっていない。風邪も、引いていないか、引いたとしてもごく軽い症状で、痰が少し出て「あれ?風邪だったのかな?」と気付く程度。
 体力はどうかと言うと、畑で肉体労働(機械は今のところ使わない主義なので300坪を手作業でやっている)をしているので平均以上はあるのではないかと思う。同級生を100人集めて、手作業で草刈をする。1時間後、作業を止め立ち上がった時、「いてっ、てっ、てっ」と腰に手を当て、すぐには立ち上がれない者は多いはず。1時間程度なら私は大丈夫。「1時間手作業で草刈してさっと立てる」ベスト10には入ると思う。
     

 私がメタボでないのは、農作業で体を動かしている上、粗食小食であるからだと思われる。必要以上の栄養を摂らない、余分に食べないことが、筋力に応じた体型を保っている元だと思う。粗食小食はまた、内臓に余計な負担を与えず、内臓の老化を年齢以上に進行することを妨げているのではないかとも考えられ、健康にも良いと思う。しかしながら、私は毎日煙草を吸い、毎日のように酒を飲んでいる。粗食小食のくせに、たぶん、私の内臓はさほど健康では無い。肺癌やら、肝臓癌やらの危険度は高いであろう。
 私の粗食小食は健康維持のためにやっているのではない。生きる上での私の価値観のトップは楽しいか楽しくないかであり、暴飲暴食はちっとも楽しくない。少しの酒(ほろ酔い程度)を飲むのは楽しい、コーヒーを飲みながら、飯を食った後、畑仕事で汗をかいた後、酒を飲みながら吸う煙草は美味しいので楽しい、自給の野菜を自分で料理して美味しく食べることも楽しい。そうやって死ぬまでは生きていくつもり。
     

 先々月9月16日付ガジ丸通信『砂糖の映画』は、桜坂劇場で上映されていた『あまくない砂糖の話』についての私の感想文であったが、その記事の中に映画ちらしのコピーを載せて、その中にある劇場側の映画紹介文について少々辛口のコメントを書いた。紹介文のタイトル「動けばいいんじゃない」が引っかかって、「ホントにそれでいいの?」と思ったのだ。そして、その後も「動けばいい」の意味についてしばらく考えていた。
 ガソリンで動く車で喩えてみよう。ガソリンスタンドまで走る為の十分なガソリンは常にタンクの中に入っている。それは、人で言えば基礎代謝に必要なエネルギーとみなす。それに加え2千円分のガソリンを入れる。それは動くためのエネルギーとなる。動いてガソリンメーターのメモリが基礎代謝分まで減ったら2千円分のガソリンを入れる。
 動くのに必要とする分のガソリンを入れるのであって、2千円分のガソリンを入れたからその分車を走らさなければならないなどとはちっとも思わない。つまり、「動く分を食べておく」とは思うが、「食べた分を動く」とは思わないということ。しかし、必要以上に食べることが幸せと世間は思っているようだ。それは飽食ということじゃない?

 記:2016.11.11 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016.11.11 やっと決まる | トップ | リョウリバナナ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。