ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ソバ

2017年06月30日 | 沖縄の草木:野菜

 従姉の別荘は、その敷地面積の約4分の1が建物で、約3分の1が畑で、約2分の1が駐車場及び庭及び通路となっている。4分の1プラス3分の1プラス2分の1は1を余ってしまう。何故か?・・・建物の屋根上の一部が畑になているからだ。
 畑とは言っても名ばかりで、今はもう概ね雑草を養っている状態だ。ただ、私の父が元気で、別荘の庭と畑を管理している頃は、一応、畑という名に値するものではあった。私の父が管理していたのは10年ほども前のことになる。
 その頃だったか、その後だったか記憶が定かではないが、屋上の畑に今まで見たことの無い野菜が植えられていて、白い花が咲いていた。
 「屋上の、今、白い花が咲いているの、あれ何?」と従姉に訊いた。
 「そばよ」と答える。
 「そばって、あのザルソバのソバか?」
 「そう、そのソバ。」とのこと。
 沖縄でもソバができるとは知らなかったが、ソバ好きの私は、「おっ、挽きたてのソバが食えるかも」と大いに期待した。のだが、その後、従姉からはソバを収穫し、食ったという話は無かった。沖縄ではやはり栽培が難しいのかもしれないと思った。

 沖縄の農作物を紹介している『沖縄園芸百科』にもソバの項は無い。で、ソバは沖縄では生産できないと私は結論付けていたのだが、今年7月、ヤンバル(山原:沖縄島中北部の通称)を散策している際、大宜味村役場の一角にソバを発見した。「ソバ」と名札があったのでそうだと判ったのだが、名札には「試験栽培」とも書かれてあった。
 歴史あるソバを21世紀の今になって試験とはどーいうこと?と思ったが、沖縄の気候に適する新品種なのかもしれない。沖縄でソバができるなら、ソバ好きの私は嬉しい。
 
 ソバ(蕎麦):穀物
 タデ科の一年草 中央アジア原産 方言名:なし
 ソバの名の由来は資料が無く不明。古くは蕎麦を「そばむぎ」と読んでいたらしく、広辞苑のそばの項には「(古名「そばむぎ」の略)」とあった。
 高さ40~70センチ、花色は白、または桃色で芳香がある。多くの品種があり、開花期もそれぞれだが、主に夏から秋。私の写真は7月。
 大きく分けて夏ソバ、秋ソバとがあり、その季節に収穫される。荒れ地で育ち、収穫までの期間も短い。果実は黒褐色、種子を粉にしてそば粉を作る。そば粉から、あの美味しい蕎麦ができる。果実はまた、あの美味しいそば焼酎の原料にもなる。
 
 花

 記:島乃ガジ丸 2010.10.28 →沖縄の草木目次
 参考文献
 『新緑化樹木のしおり』(社)沖縄県造園建設業協会編著、同協会発行
 『沖縄の都市緑化植物図鑑』(財)海洋博覧会記念公園管理財団編集、同財団発行
 『沖縄園芸百科』株式会社新報出版企画・編集・発行
 『沖縄植物野外活用図鑑』池原直樹著、新星図書出版発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄園芸植物大図鑑』白井祥平著、沖縄教育出版(株)発行
 『親子で見る身近な植物図鑑』いじゅの会著、(株)沖縄出版発行
 『野外ハンドブック樹木』富成忠夫著、株式会社山と渓谷社発行
 『植物和名の語源』深津正著、(株)八坂書房発行
 『寺崎日本植物図譜』奥山春季編、(株)平凡社発行
 『琉球弧野山の花』片野田逸郎著、(株)南方新社発行
 『原色観葉植物写真集』(社)日本インドア・ガーデン協会編、誠文堂新光社発行
 『名前といわれ野の草花図鑑』杉村昇著、偕成社発行
 『亜熱帯沖縄の花』アクアコーラル企画編集部編集、屋比久壮実発行
 『沖縄四季の花木』沖縄生物教育研究会著、沖縄タイムス社発行
 『沖縄の野山を楽しむ植物の本』屋比久壮実著、発行
 『海岸植物の本』アクアコーラル企画発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ソクズ | トップ | ソラマメ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。