ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ある幸せ、無い幸せ

2015年04月17日 | ガジ丸通信-社会・生活

 3週間ほど前の日曜日のお昼前、私は朝から畑仕事、その日は畝の草抜きと土ほぐし作業、エダマメを植える準備だ。作業そのものは単純で疲れる労働だが、エダマメを収穫して、茹でて、ビールの肴になることを想像しながらなので気分は楽。
 作業している畝は畑小屋に近いNO3畝(小屋から順に道路に向かってNO12まである)、作業に熱中している時、ふと、人の気配に気付く。顔をあげると、そこに近所の大先輩農夫N爺様がいた。道路側での立ち話はよくあるが、N爺様が畑の中、小屋近くまでやってくるのは珍しい。もう一つ珍しいことにN爺様は作業服では無かった。
 「今日は畑仕事じゃないんですか?」と訊くと、
 「うん、今日は教会、その帰りだ。」と答え、その後、息子への愚痴を言い、そして、
 「もう死んでしまいたいよ、疲れたよ。」と弱音を吐いた。

 先週木曜日、私は朝から畑仕事、その日は道路から最も遠い南東側の角、ゴーヤーを植えるための除草と土ほぐしをしていた。しゃがんでの作業、時間がかかり腰の痛くなるきつい作業だ。でも、コツコツとやる。その時声を掛けられた。黙々と作業を続ける私の後ろに立っていたのはN爺様であった。まだお昼前の11時頃であった。
 「何している?」と訊くので、
 「ゴーヤーの種播きの準備です。」と答え、そして、「たまにはのんびりコーヒーでも飲んで行きませんか?」と誘った。それまで誘っても「コーヒーは夜眠れなくなるから」などと言って断っていたのに、その時は、「そうか」とすんなり応じた。
 小屋前のベンチに座って、お湯が湧く間、世間話をする。コーヒー(インスタント)を入れ、それを飲みながら、私は敢えて、爺様の若い頃の話を話題にした。座ってじっくりとN爺様と話をするのは初めてだ。爺様の方がじっくりのんびり話するのを好まなかったのだと思う。「先が短いんだ、のんびりしている暇は無いよ」なのかもしれない。
 でもその時は1時間半も座っていた。1時間半の話題はほとんど、爺様の若い頃、戦中戦後の話となった。私からそう仕向けた。初めてコーヒーに応じ、初めてゆっくり会話となったのはおそらく、爺様が話をしたかったのだと思う。息子と何かあって、そのこと、あるいは、息子への不平不満を吐き出したかったのかもしれない。そうは思ったが、そういった話は聞いていて楽しくないので、また、そういった話を語る爺様の心も暗くなるだろうと思ったので、敢えて私は、爺様の若い頃の話を話題にしたのであった。
          

 N爺様は財産持ちである。今住んでいる家土地の他に100坪ほどの宅地があり。私が聞いただけでも畑地は1000坪以上ある。その宅地を息子が勝手に人に貸し、返せと言っても応じてくれないらしい。これが息子との諍いの種となっている。奥さんはもう亡くなっているが、爺様には息子3人と娘1人の子がいて、聞いてはいないが、たぶん、孫も曾孫もいるであろう。だけど爺様は独り暮らしだ。時々息子がやってくるが、「あいつは家にやってきて、勝手なことばかりしている」と、これも愚痴の種になっている。
 財産があり子や孫がいる。普通なら幸せな老後だと思うが、だけど、時々耳にする爺様の愚痴を聞くと、あんまり幸せそうじゃない。私のように失うものが無い、子や孫との愛憎も無い、そんな呑気な生き方が幸せとなる場合もあるみたいだ。
          

 記:2015.4.17 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2015.4.17冬の忘れ物 | トップ | 2015.4.24サヨナラ旨い酒 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。