ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

千里の道も諦めず

2016年12月23日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 新居での生活を楽しくするための備品作りがなお続いている。先週通い続けたホームセンターへ今回も金曜、月曜、昨日木曜と通って、何とかかんとか材料は揃った。
 完成には時間がかかるであろうと予想された濡れ縁であったが、先週土曜日、「何て、俺は頭良いんだろう」と自画自賛するような閃きがあった。
 前の前の住まいである首里石嶺のアパートに住み始めた頃だから、もう25年ほど前に自分で作った木製のベッド、床部はスノコ状になっていて風通しが良いもの、スノコの上に布団を敷く形式。宜野湾市我如古に移ってからもしばらくは使っていたが、ある日ベッドを移動するとベッド傍の壁にカビが生えていた。据え置き型ではそうなるのだと判断して、2015年3月、ベッドを折り畳みベッドに代える。折り畳みベッドは実家にあったもので、いつか役に立つかもと畑の物置に保管していたもの。
 部屋では不要となった自作の木製ベッドはどうしたかというと、畑に持って行き、小屋前のデッキとして使用することにした。その上に物入れ棚、作業台などを置いたのでスペースがなくなりデッキとはならなかったが、小屋の前に何とか収まった。
     

 さて、自画自賛する閃きとは、「このデッキをそのまま新居の濡れ縁として使おうぜ」という閃き。そう閃いたのは先週の土曜日。もっと早く閃いていれば、濡れ縁の設計にあれこれ悩んで何時間も費やした時間や、濡れ縁の材料確認に何どもホームセンターへ通った時間などを無駄にせずに済んだのだが、その辺りが弱小脳味噌たる所以。
 今週日曜日から「元ベッド現在デッキを濡れ縁に変身させる計画」を決行した。元ベッド現在デッキを濡れ縁に変身させるにはいくつかのリフォームを必要とする。
 元ベッド現在デッキの床板はスノコ状となっているが、スノコの板と板の間の隙間が濡れ縁にするには広すぎる、床板を全部取り外して、隙間を狭くした形で新たに取り付けし直さなければならない。また、元ベッド現在デッキは、ベッドだった頃の脚は木箱で、デッキとして使っていた脚はコンクリートブロックである。濡れ縁とするからには脚も木材で、新たに作らねばならない。塗装も外部用にしなければならない。何も無いところから作るよりは楽であるが、それでも、まあまあ手間暇のかかる作業だと想像できた。
 12月19日(月曜日)に足りない材料をいつものホームセンターで買い、「元ベッド現在デッキを濡れ縁に変身させる作業」を始めて、翌火曜日にはスノコ部分が完成、水曜日には木製の脚もでき、木曜日には組み立て完成。後は現場設置するのみとなった。
     

 12月17日には既に衝立(大)、衝立(小)が完成している。衝立は、新居の入居条件が厳しく、壁には画鋲の穴も空けてはいけないと言われているので、壁掛け時計やカレンダー、絵などを飾るための壁となるもの。まあまあ上手くできた。
 その他、細々としたものいくつかもできている。後は上記の濡れ縁の設置と食器乾燥機置き台作り。完成には時間がかかるであろうと予想された食器乾燥機置き台、それも既に躯体部分の材料は塗装まで終えている。後はそれを組立て、棚板、天板の材料を買って、それを加工し、組み立てた躯体に設置するだけ、1日あれば済む作業。
 「お前はバカか!」などと自分自身に文句を言いつつも、何とかかんとか新居生活を幸せに暮らす計画は前に進んでいる。千里の道も諦めなければ終着するようである。
     

 記:2016.12.23 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016.12.23 一山超える | トップ | 2016.12.30 もう三山超える »