ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

結婚したくなる映画

2009年11月06日 | ガジ丸通信-音楽・映画

 好きな女がいても、結婚となると・・・、あれがあーなって、これがこーなって、あんなことさせられて、こんなこと禁止されて、などと、想像力逞しい私は想像して、結婚すると一生手足を伸ばせない、窮屈な生活になるに違いないと思ってしまう。
 結婚は、私のような怠け者にとっては、「できちゃった」でも無い限り、なかなか踏み出せない面倒事である。それは女性の方にも言えることで、この男でいいのだろうか、私の一生をかけてもいいのだろうかなどと考え、「できちゃった」でも無い限り、なかなか踏み出せない女性も多いはず。恋愛と結婚は次元が違う話だと思う。

 そんな私が先週末、「結婚もいいなあ」と思ってしまった。ある映画を観てのこと。映画は・・・、とここで鬱憤晴らし、映画の話をする前に愚痴を少し。
 先々週末、電話で父に呼ばれた。大雨だったので断ったが、来週行くからと約束してしまった。で、その来週である先週土曜日、実家へ行く。実家へ行くためだけに那覇へ行くのは時間の無駄なので、ついでに映画を観たというわけ。
 父の用事は特に何も無く、「週に1回は顔を見せろ。暇だから話し相手になれ。」ということ。当然、腹が立つ。こっちは来年収入があるかどうかも分らない身分だ、今、あれこれ模索している状況だ。「俺が暇だから来い」には合点が行かない。
 2年前の夏、炎天下で肉体労働が連日続いていた。休みの日に病院へ母を見舞いに行くと、「あんた、毎日大変なんでしょ、私のことより自分の体の心配をしなさい。」と母は言い、私を追い返すようにした。それに比べ何て親父だ!・・・と愚痴はここまで。

  映画は『人生に乾杯!』というハンガリー映画。老夫婦のお話。老夫婦が想い出という宝物を胸に、強盗をしながら想い出の地を巡り、心中するというお話。
 恋愛の想い出というのは、それが、全身全霊で愛した人、全身全霊で愛してくれた人との想い出なのであれば、たとえそれが短い期間であっても人生最高の想い出になるんだなぁと感じた。そして、人生最高の想い出を共有する人と人生の終わりの日々を暮らせる、それは何て素敵なことなんだろうと感じた。結婚したい、と思った。
 老夫婦の想い出はダイヤモンドの耳飾、最初のシーンで妻が少女だった頃の、その耳にある。それを含め、私が覚えている限り、耳飾は4度出てくる。3度目のシーンでは年老いた妻の手に渡され、最後のシーンでは妻が少女だった頃の、その手に握られる。不覚にも私はその2つのシーンでウルウルしてしまった。良い映画でした。
  終わり頃、老夫婦に人質にされながらも老夫婦に同情を感じていた女刑事が、テレビニュースの画面を観て笑顔になる。画面は老夫婦が死んでいないことを暗示していた。死んだと思っていた老夫婦が死んでいない、で、女刑事は喜ぶ。そのシーンはしかし、私は蛇足だと思った。老夫婦は死んでもいいのである。想い出が残っている。
          

 年老いた私に妻がいて、かつては愛していたが、既に空気のような存在になっていて、毎日ほとんど会話も無く、淡々と退屈な時間を過ごしていたとする。そして、「このままつまらない思いのまま死ぬのは嫌だなぁ」と私が気付いたとする。昔死ぬほど愛した女を抱きしめて、「二人で最後の旅をしようぜ、最高に楽しい旅を。」と言いたい。
          

 記:2009.11.6 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 瓦版098 雑食の奢り | トップ | 締りのある語り »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。