ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

貧幸農法

2014年04月04日 | ガジ丸通信-環境・自然

 私は、まだ見習い農夫なのだが、難しいらしい自然農法を目指している。近所の農夫仲間たちは除草剤を使い、殺虫剤も使っていて、88歳のN爺様には「肥料をあげないでどうする。あんたはご飯を食べるだろ?それが栄養であんたも生きている。野菜も一緒だ、栄養をあげないと育たないよ」と注意されている。88歳の爺様に楯突くようで申し訳ないのだが、それでも私は肥料をあげない。口にはしないが、「私は粗食小食で元気に生きている。野菜も粗食小食で元気に育つと思う。大きくはならないかもしれないけど」と心の中では思っている。作物は、土と太陽と水があれば育つはずだ。
 自然農法を目指していると言っても、私の自然農法はテーゲー(大概:いい加減)である。ちゃんとした自然農法では「農薬使わない、肥料あげない、耕さない、除草しない」といった縛りがあるが、私は縛られるのが嫌いなので、「絶対そうしなければならない」などとはちっとも思っていない。よって、それらを厳しくは守っていない。大雑把に耕して、大ざっぱに除草もしている。肥料も有機のものであれば少しはあげている。ただ、化学肥料や殺虫剤については危険を感じているので使わないようにしている。ちなみに、私は縛るのも嫌いなので、女性相手のSMプレイも嫌いである・・・関係ないが。

  あまり厳しくない私の自然農法なので、隣の畑で農薬を使っていてもさほど気にしていない。隣の先輩農夫Tさんも薬を撒く時は私に遠慮しているのか、飛び散らない様静かに撒いている。それでも風に乗って僅かな量は飛んでくるかもしれないが気にしない。
 私は薬を飲まない。風邪を引いても、頭痛、腹痛の際も薬に頼らず根性で治している。インフルエンザワクチンなんてのも打たない。私の感性では、化学物質の塊である薬品を体の中に直接入れることに比べれば、少々の農薬がかかった野菜を食べることはさほどの脅威ではないと思っている。さらに言えば、隣のTさんと不仲になった場合の、精神的ストレスの方がもっと体に悪い。平和であることが大事だと思っている。
          

 自然農法の目的、私は安心安全野菜を作ることを第一にしているわけでは無い。先々週のガジ丸通信『幸せの種』の中で「300坪の畑で私が目指している自給自足は、外からなるべく何も入れずに作物が採れること。何も入れずの「何」は肥料類もあるが、大本の種もある。」と書いたが、「外からなるべく何も入れず」なので、化学肥料も有機肥料も使わないということになるわけだ。もう少し正確に言うと、「なるべくお金を使わずに自給自足したい」となる。なので、殺虫剤も除草剤も買わない使わないとなる。
  こう書きながら、改めて思った。「私は自然農法を目指している」という言い方は正確ではないということを。自然農法自体が、私が目指しているものとはどうも違うようである。「肥料買わない、農薬買わない」という私の信条が「肥料使わない、農薬使わない」となって、結果的に自然農法に近い形になっているに過ぎないのだ。
 そう、私はもう「自然農法を目指している」などとは言わないようにしよう。私が目指しているのは、お金が無くても自給自足ができる農法だ。謂わば、貧乏農法である。貧乏だけど、自作の安心安全野菜を食べて元気、しかも自然農法とは違い、耕したり、草抜いたりの労働はするので程良い運動にもなる。健康的だ。健康は幸せに繋がる。そうだ、私の農法は、貧乏幸福農法、略して貧幸農法であると、これからは言うようにしよう。
          

 記:2014.4.4 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニセダイコンアブラムシ | トップ | タイワンヒゲナガアブラムシ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。