ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

グリーンカーテン作り

2017年04月21日 | ガジ丸の日常

 去年(2016年)12月に引っ越してきた新居、部屋の中はさっそく自分好みにレイアウトし、庭の方も自分好みに造り直し、住み心地は今のところ快適である。しかし、この先、夏に向かって気温が高くなると住み心地は悪くなっていくと予想される。
 部屋には3つの窓がある。庭に面した南向きの掃き出し窓、隣の家に遮られて西日はちっとも入ってこない西向きの窓、道路側、駐車場のある北向きの窓の3つ。3つの窓を開けていれば風通しはいい。であるが、部屋は1階にあり、窓を開け放すと外から家の中が丸見えとなる。庭側の窓は寝室でもあることからすぐに簾掛けを設けた。西側の窓は隣の家の壁がすぐ傍にあってそれが目隠しとなっているが、駐車場側の窓は道路から、向かいの家から丸見えとなっている。なので、これまでほぼ閉めっ放し、カーテンもほぼ閉めっ放しであった。が、これから暑くなるとそうはいかない。部屋にクーラーは無い。

 駐車場側の窓が外から見えっ放しにならないためにはどうすればいいかを、実は引っ越した当初から考え、アイデアは浮かんでいた。「グリーンカーテンを設けよう」と。3月にはその設計図もできていた。ハウス用の鉄パイプでアーチを作り、それにネットを張ってツル植物を這わす。その計画は梅雨も近付く4月2日から実行された。
 4月2日、花壇の手直し、柱となるパイプを固定するブロック設置。朝顔の種播き。
 4月3日~7日、材料購入、材料を所定の大きさに切って塗装。
 4月8日~10日、組み立て、ネット張り、簾掛けして取り敢えず完成。
 9日間も費やした作業だが、やろうと思えば1日で終わる仕事だ。朝夕の介護施設のアルバイトがあり、畑仕事もやりながらなのでそれだけかかった。
     
     
 アサガオの種を播いて数日後には、「大家さん、グリーンカーテン用としてここにアサガオの種を播いたので、しばらく触らないでくださいね」と伝える。であったが4月13日、夕方家に帰るとアサガオの種を播いた花壇は土が盛られ、新しい草花が植えられてあった。アサガオの芽が出ていたかどうか確認していなかったが、その時に芽は1つもなかった。私は大いにガッカリ。翌14日、大家さんに声を掛けられ「あなたのアサガオ、雑草と思って抜いてしまったかもしれない、播き直してね」とアサガオの種を頂く。
 頂いた種はしかし、播く必要はなかった。深く土に埋もれたであろうアサガオの種は16日に花壇を覗いたら4つの芽を出していた。ホッとする。何しろ、大家さんから頂いたアサガオの種は色取り取りの八重咲きやら一重咲きやら派手。私は派手を好まない。

 4月11日以降、西側の窓に簾掛けを設置しようと計画し、毎日少しずつ施工。ハウスパイプを使って窓に(パイプの間隔がだいぶ広いけど)格子を設け、簾掛け兼泥棒除けにしようとの魂胆、その窓は、西日は入らないけど雨の日は風向きによっては雨が入る。簾を掛けておけば窓を少々開けていても雨が入らないだろうという考えもあった。
 4月19日、西側窓簾掛けを完成させ、簾を掛ける。同日、グリーンカーテンの補修も少しやって、簾を掛け、これも完成。これで窓を開け放しても大丈夫、たぶん。
     
     

 記:2017.4.19 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チョウセンサザエ | トップ | 2017.4.21 嬉しい悲鳴に腹が悲鳴 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。