ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

イノシシ

2012年06月15日 | 沖縄の飲食:食べ物(材料)

 野生の美味

 イノシシ年だったのは何年前だったか、フユー(怠けるという意のウチナーグチ)しないで調べた。2007年だ。子、丑、虎、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥だから、今年は辰年ということになる。あってるか?・・・あっている。
 その前年2006年の年末に動物としてのイノシシを紹介した時、「(亥年の)来年はきっと、イノシシを食ってやろうと思う。」と書いているが、それから約5年半が過ぎた今年(2012年)6月、念願のヤンバルイノシシを食う機会を得た。

 5月の初め、大宜味村で無農薬有機農家をやっている知人のTさんから「国頭村の猟師がイノシシを撃ち殺して、その肉を20キロ貰った。食べにくるか?冷凍しておくからいつでもいいよ。」と連絡があり、6月2日に牡丹鍋会をやることになった。
 その連絡があった約二週間後、大宜見村の元アグー養豚農家のDさんに会い、アグーについての話を聞いた。Dさんは100%アグー(市販のアグーの多くは他の種の豚との交配種)を生産していた。「100%アグーは美味しいですか?」と訊くと、
 「そりゃあもう、とても美味しいです。」と答える。
 「じつは再来週、イノシシを食いに行くんですが、イノシシはどうですか?」
 「イノシシですか、それは羨ましい。アグーが美味しいといっても、野生のイノシシには勝てません。食べているものが違うからだと思います。」

 テレビや雑誌などで紹介されているアグーはJA沖縄が商標登録した主に白豚とのハーフのアグーだ。それでも美味しいと評判のアグー、100%アグーならさらに美味しいであろう。その100%アグーの味を知りつくしているDさんが言うのだ、「アグーが美味しいといっても、野生のイノシシには勝てません」これはもう間違いない。
 じつは、Dさんと会うちょっと前に無農薬農家Tさんと私は会っている。その日大宜見に行くということは前日に伝えてあって、お昼前に電話があったのだ。
 「昨日、罠にかかったイノシシがいて、その肉を今から買いに行くが、2キロ単位で3000円、要るか?鍋用の肉は冷凍してあるが、今日のは生だ、旨いぞ」
  せっかくの申し出だったが、いくら美味しいと言っても、100グラム150円と安めであっても、2キロはあまりにも多い。一人暮らしに消費はできない。イノシシはアグーよりずっと美味しいとDさんから聞いた後なら購入したかもしれないが、断った。
 Dさんに会うちょっと前、同じ大宜味村の平飼い(鶏を狭い籠では無く地面の上で飼育すること)養鶏場へ玉子を買いに行った。そこでばったり、Tさんに会った。養鶏農家の人たちへ生イノシシ肉を届けにきたとのこと。養鶏農家の人たちは4キロの生イノシシ肉を購入したらしい。「そりゃあもう美味しいからね」とのこと。さすがヤンバルに住んでいるだけのことはある。イノシシの美味さを知っているのだ。

 さて、6月2日に牡丹鍋会、「たくさんあるから何人来てもいいよ」というTさんの言葉に甘え親戚友人に声をかけた。すると、親戚から6人、友人から8人(わざわざこの日のために仕事を休んで東京からきた3人を含む)が参加した。「イノシシ肉なんて嫌だなぁ、食べたくないなぁ」と言っていた従姉も含め、皆が牡丹鍋の美味さに満足したようであった。肉に全然臭みは無いし、十分煮込んであるので固くも無かった。
  鍋の出汁には秘密があった。その日の数日前にTさんから連絡があり、「聞いたら食べたくなるかもしれないので誰にも言うなよ」との前置きがあって、Tさんはその秘密を私に告げた。「ハブを捕まえた、ハブからはとても良い出汁が取れる。毒も良い出汁になるからそれも入れる。まあ、美味いから期待してくれ。」とのこと。
 たしかに肉だけでなく、その汁も美味かった。「ハブの味が加わっているんだな」と思いながら私はじっくりと味わった。満足であった。ところが、
 「イノシシはステーキの方がもっとずっと美味い。生肉ならそうしたんだけど今回は冷凍肉だったからな。今度生肉が手に入ったらそれを御馳走してやるよ。」とTさんは言った。それを聞いてつくづく、生肉2キロ、買えば良かったと後悔した。
 
 
 リュウキュウイノシシ(琉球猪):ウシ目の野生動物
 イノシシ科の哺乳類 ニホンイノシシの亜種で南西諸島の固有種 方言名:ヤマシシ
  イノシシという名の由来は『動物名の由来』(中村浩著)に「イノシシの本名はイで・・・シシは獣類のことをいう・・・肉(しし)を取る意味」とある。そういえば、十二支にある猪はイと読む。イ(猪)については、「イノシシは人にであうと怒って背毛を逆立てるが、俗にこれを怒り毛という。イとはこのイ(怒)ではないか」とあった。
 頭胴長80~120センチ、体重35~55キログラム、最大級個体の体重は石垣島で80キロ前後とのこと。ニホンイノシシは頭胴長110~160センチ、体重50~150キログラムなので、それに比べるとずっと小さい。寿命15~27年とのこと。子供にはニホンイノシシと同じく縦縞が入り、いわゆるウリ坊。
 猟が解禁されるのは原則として11月15日から翌年2月15日までらしいが、ヤンバルの農家の人に聞くと、畑を荒らすので、いつでも捕獲しているとのこと。
 

 記:2012.6.10 ガジ丸 →沖縄の飲食目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行
 『日本の哺乳類』志村隆編集、株式会社学習研究社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画『ラブ沖縄』 | トップ | はいさい、ヒラリーさん1 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。