ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

キアシナガバチ

2011年06月25日 | 沖縄の動物:昆虫-膜翅目(ハチ他)

 ハチの経験はイチ

 『ふる里の動物たち』によると、キアシナガバチは「蝶、蛾の幼虫を狩る」とある。その現場を私は偶然目撃した。何の幼虫かは知らないが、キアシナガバチが幼虫を襲った瞬間を見た。その瞬間を見たが、写真は間に合わなかった。次のシーンは幼虫が即死して、内臓が飛び出たところ、そこから撮影する。キアシナガバチは幼虫を咥えながらしきりに動いている。何をするつもりなのかとずっと観察する。しばらくすると、自分より大きな体をした幼虫をキアシナガバチは噛み切った。噛み切った部分を咥えて飛び去った。おそらく、それを巣に運んで、自分たちの幼虫のための餌にするのであろう。
  キアシナガバチの毒とは一撃即死の毒なのである。さすがスズメバチ科のハチなのである。人を攻撃することもあり、刺されたらとても痛いらしい。同じスズメバチ科のコガタスズメバチもまた刺されるとすごく痛いらしい。どちらも職場にいっぱいいて、おそらく巣もあって、私の至近距離を飛んだりするが、まだ刺されたことは無い。

 私のハチの経験はイチ。20年ほど前、測量のバイトをしているとき、野原でうっかりミツバチの巣に触れて、手の甲を一箇所刺された。痛かったが、我慢の範囲内であった。私はマゾっけがあり、痛さには強い方である。でも、スズメバチには刺されたくない。

 
 キアシナガバチ(黄脚長蜂):膜翅目の昆虫
 スズメバチ科 沖縄諸島に分布 方言名:ハチャー、アカパジ
 沖縄の方言で、ハチのことを総称してハチャーというが、『沖縄昆虫野外観察図鑑』によると、キアシナガバチだけは特にアカパジという方言名が記載されている。赤恥ということでは無く、パジはハチャーの変化したもので、赤いハチということであろう。体の一部に赤い部分がある。和名のキアシナガバチは解り易い。その通り脚が黄色で長い。
 体長20~26ミリ。成虫の出現時期は周年。民家の庭や、周辺の林地などの樹木に巣を作る。ハスの実のような形の巣、私も何度か見かけたことがある。
 活動は活発で、首里にある私の家、職場の周辺では最もよく見るハチである。私は刺されたことは無いが、攻撃も素早いとのこと。
 面白い習性を偶然発見した。職場に木材で作ったドラゴンフルーツのための支柱があるが、その支柱を一匹のキアシナガバチが齧っている。何しているんだろうととりあえず写真を撮る。調べる。齧り取った木屑を唾液でこね、巣の材料にするとのことである。 
 
 横から

 追記(2005.10.4)
 職場の庭の、キアシナガバチが群れている同じ場所で、一回り大きな、似たような外見のハチを発見した。図鑑の写真を見るとキアシナガバチの八重山亜種に似ている。八重山ではないのに八重山亜種がいるとは考えにくいが、一応、写真と共に報告。
 
 体長は30ミリ近くありそうであった。

     キアシナガバチの狩り
     
     
     
     
         

 記:ガジ丸 2005.8.14 →沖縄の動物目次
 2014.7.5訂正加筆

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クマバチ | トップ | キゴシジガバチ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。