ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

奥武島

2010年07月09日 | 沖縄05観光・飲み食い遊び

 奥武島、「おうじま」と読む。前に「奥武山運動公園」を紹介したが、これは「おうのやまうんどうこうえん」と読む。つまり、奥武は「おう」と読む、沖縄では。
  奥武島は沖縄島南部にある小さな島、本島から少し離れていて、さほど長くない橋が架かっている。キャンプや海水浴もできないわけでは無いが、その目的で私は行ったことは無い。ではあるが、奥武島という名前を私は若い頃からよく耳にし、南部をドライブする際に何度か訪ねてもいる。その頃そこにどんな魅力があったのかは不明。トビイカ漁と、トビイカの干物と、新鮮な刺身が安く手に入るということで有名だが、それは私がオジサンという歳になってから知ったこと。近くに磨文仁平和祈念公園があり、キャンプや海水浴に適した新原ビーチがあり、若い頃はその帰りに立ち寄ったと思われる。

 奥武島について、『沖縄大百科事典』に記載がある。要約すると、

 旧玉城村にある架橋島
 沖縄島南部知念半島基部南岸沖にある小島
 面積0.21平方キロメートル、周囲2.33キロメートル
 最高標高14メートルの平坦な島
 東側は珊瑚礁が発達している
 島民の多くは半農半漁
 南東岸に砂浜がある
 世帯数257

  とのこと。前述のトビイカについては、既に紹介していると記憶しているが、どのジャンルの何というタイトルで紹介したか覚えていない。ので、季節がいつだったかも忘れてしまっているが、その季節になると、「奥武島トビイカ漁が始まりました」とニュースになり、数日経つと、トビイカ干しの風景が奥武島で見られる。
 橋を渡ってすぐ左側には魚屋さんが並んでいて、そこで刺身など買うと安い。安い上に魚のあらなどをサービスしてくれる、あらといっても身をたっぷり付けていて、天ぷらにできるし、骨の付いた部分は煮付けや唐揚げなどにして美味しい。
 食べ物のことばかり書いたが、他に特に思い浮かぶのは無い。そうそう、私は見たこと無いが、奥武島ハーリーも有名らしい。ハーリーとはボート競走のようなもの。
     
     

 記:2010.7.8 ガジ丸 →沖縄の生活目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実家の想い出 | トップ | ミステリー消えた遺産 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。