ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

カロリーゼロ

2008年12月19日 | ガジ丸通信-社会・生活

 先週火曜日(9日)のめざましテレビで、蒸料理の特集をやっていた。蒸料理が最近流行っているらしい。「カロリーが減るから」という理由が多いみたいだ。
  私は、自慢するけど、今のアパートに越してからすぐだから、14、5年前に小さな蒸し器を購入して、蒸料理を楽しんでいる。とはいっても、蒸すのはイモ、ギョーザ、シューマイくらい。今年は初めて落花生も蒸してみた。美味しかった。
 私が蒸料理をするのは「カロリーが減るから」という理由では無い。蒸料理には蒸料理なりの美味さがあるからに他ならない。それを楽しんでいる。
          

 この頃、カロリーゼロも流行りだ。カロリーゼロとかカロリーオフとかを発泡酒に多く見る。ファッション用語には疎い私だが、それらついてはだいたい理解している。何しろビール系に付いている肩書きなのだ。私はアルコール関係には疎くない。
 私の日常は概ね粗食小食なので、飲食の際にカロリーを気にしたことは無い。どんな高カロリー食品でも食べる量が少ないので、カロリー過多になることは無い。なので、食品のカロリーなど気にしなくて良いと思っている。よって、発泡酒もそのカロリーなど全然気にしていない。それどころか、私はカロリーゼロをむしろ敬遠している。

  カロリー量が5キロ以内のものをカロリーゼロと言うらしい。カロリーが少ないということがどういうことかについても私は概ね理解している。カロリーは、車にとってのガソリンのようなもので、人が生きるためのエネルギーだと理解している。
 カロリーゼロの食品に人気があるということも何となく理解できる。飲みたいけど太りたくない。いくら飲んでも太らないビールが欲しいなどという需要があるのだろう。飽食の国ならではのことである。ではあるが、それこそ勿体無いと思う。「太らない程度に飲めばいいじゃん」と私は思うのだ。そうすれば、食料の節約になるし、ビール代の節約にもなる。余ったカロリーは、カロリーの足りない国や地域へ回せば良かろう。

 カロリーが無い代わりに、ミネラル、ビタミン、食物繊維が豊富だという食品は別にして、わざわざカロリーゼロの食品を作ることは無かろうと思う。
 「昔、日本では、カロリーを省いた食品が作られたそうよ。」
 「うそー、信じられない。何でそんな無駄なことしたんだろうね。」などと、食糧事情の厳しくなった未来のいつか、未来人に不思議がられるかもしれない。
          

 記:2008.12.19 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 瓦版076 帰る場所は独り | トップ | 瓦版077 おののけ姫 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
カロリーゼロ (カロリーゼロ)
こんにちは。この度、ダイエット情報のHPを作りましたので、トラックバックさせて頂きました。ブログ訪問者の方には有益な情報かと思っています。よろしくお願いします。