ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

健康の指標

2009年08月06日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 台風が沖縄島に向かっていると火曜日のニュースにあった。金曜日に最接近とのことであった。去年、沖縄島を暴風圏に巻き込んだ台風は無かったので、久々の台風、だと思っていたら、去年よくあったように、今回もまた逸れて、台風は先島方面へ行った。
 何年か前に、沖縄島を台風が避けている、それは、アメリカ軍が台風コントロール機械を使って、東洋の最重要基地のある沖縄島に台風が来ないようにしているからではないかというようなことを書いたが、今年もその機械が活躍しているのかもしれない。
 暴風圏は逸れた沖縄島だが、今、強風圏には入っている。強風圏に入ることはほぼ確実だと前日に分かっていたので、今日(6日)は仕事を休んで、午後から金曜日の職場に来て、台風対策をし、そのついでにガジ丸HPをアップしている。

 台風は雲を伴う。その通り昨日は雲が多く、夜には雨も降った。日射量が少なかったお陰で、その夜はアパートのコンクリートの輻射熱も少なかった。台風はまた、概ね東南方面からやってくる。風は台風に向かって吹くので、昨日は北西からの風が吹いた。北西の風は概ね涼しい。輻射熱が少なく、風が涼しかったので、昨夜はまあまあ寝易かった。ぐっすり寝ると、朝起き立てに計った血圧も正常値となる。結構健康。
 健康と言えば、3、4年前まで私は頻尿だった。少なくとも1回は小便で起きた。それがしだいに少なくなり、1、2年前からは稀となり、残尿感を感じることも無くなった。粗食小食、あるいは、玄米食のお陰かもしれない。

  3、4年前まではまた、肩凝りにも悩まされていた。これも頻尿同様、1、2年前からほとんど無くなったのだが、それが、今年の春頃、以前と同じ位の肩凝りとなる。6月のガジ丸通信『鉄分過多』で、その原因は、水道水の鉄錆を過剰摂取したからではないかと書いたが、科学的には立証されていない。ただ、鉄錆に気をつけて水道水を使うようになってからは肩凝りも徐々に治まり、今はだいぶ弱まっている。
          

 肩凝りが薄まると気分は良い。体調も良くなるのではないかと思われるが、何しろ連日の暑さと寝不足で、現在、体調が良いとは言いがたい。よって、肩凝りと体調の良さとの因果関係は、科学的だけでなく、経験的にも実証されずにいる。ではあるが、肩凝りは血行不良の表れとも言うので、肩凝りがあるかないか、強いか弱いかは健康の指標としてもいいのではないかと思う。私は今、暑さに参っているが、たぶん健康である。
  健康の指標としては、快便であるかどうかも大きな項目にしている。程好い固さ、色、形、量などが出ている場合は安心する。私は、これまで生きてきて、記憶している限りでは便秘の経験が無い。便秘は老廃物を体に溜めているということだから、健康には悪影響を及ぼすであろうと想像する。経験が無いので実証はできないが。
 便が激しく出過ぎることは何度も経験している。いわゆる下痢。下痢はしかし、便秘と違って、概ね原因ではなく結果である。下痢のせいで脱水症状を起こし、そのせいで何らかの病気になる、または、下痢のせいで痔になるようなことがあるかもしれないが、概ねは何か悪いものを食べて、その結果、下痢という症状が現れる。何か悪いものを、私はたまに口にする。勿体無い精神と、好奇心のせいだ。餓鬼みたいだ。
          

 記:2009.8.6 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウチナーグチは直訳で | トップ | 瓦版094 形は自然に »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。