ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

死んだら価値の出る人

2016年05月27日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 5月13日、父の七年忌があった。大げさにはやらず、覚えている人だけが銘々に手を合わせに来てくれたら良いと思っていたが、沖縄在の甥(姉の次男)だけにはその旨知らせてあった。その日私のいる時間には甥の他、姉と従姉Mも来てくれた。
 甥は今派遣社員で、沖縄の会社に派遣されている。この先どんな身分になるか確定していないということを前会った時に聞いていたが、「どうなる?」と今回訊いたら、「あと1年は今の仕事が続く、その後はまだ決まっていない」とのこと。甥はアメリカ育ちなので英語はペラペラだ。「将来は海外で働くことになるかもしれない」とも前に言っていたが、今回「沖縄の友人に誘われてもいて、沖縄に残るかもしれない」とのこと。

 畑に芋がある間は生きていく不安のない私だが、死ぬ時、及び死んだ後の不安はある。大波にのまれて行方不明のまま推定死亡とか、火山の噴火口の中に落ちて跡形もなくこの世から消えてしまうとかならいいが、普通に死んだら死体の後始末が残る。自分の死体の後始末は自分ではできない、誰かに頼まなければならない。その誰かを誰にするか。
 また、ポックリ死んだらいいが、病で倒れて動けなくなるかもしれない。動けなくなったら自殺もできない。ボケ老人になって、周りに迷惑をかけてしまうかもしれない。ボケてしまったら自殺しようという正しい道を選ぶ知恵も出てこないかもしれない。そういった時のためにも死ぬ時、及び死んだ後の面倒を見てくれる誰かが必要なのだ。甥がこの先も沖縄に住み続けるのなら、その誰かは甥で良い。一件落着となる。
          
 諺に「虎は死して皮を残し、人は死して名を残す」というのがある。正確かどうか自信が無かったので広辞苑を引くと、やはり少し間違えていた。正確には「虎は死して皮を留め、人は死して名を残す」とのこと。「虎が死んでもその皮が珍重されるように、人は名誉や功績によって死後も名を残すように心がけよということ」(広辞苑)という意。
 数年前にリストラにあって職を失った私は、もはや名誉や功績等といったものには縁が無い。数年後には年金を貰える歳となった私は、もうすぐ隠居の身、これから何か努力して名誉や功績等といったものを残したいという気力も無い。そもそも、「死後も名を残すような心がけ」が、南国ののんびり気分で生きてきた私にはさらさら無い。
          
 私はしかし、「死んだら価値の出る人」ではある。私は今、3つの保険(1つは生命保険で、残る2つは医療保険)に入っていて、医療保険の方も死後にいくらか支払われるので、足して、ちゃんと計算はしていないが500万から600万円が受取人に支払われることになっている。1つの医療保険は近い内(数年内)にグレードアップしようと思っているので、そうした場合、私が死んだら1千万円近い金額が受取人に支払われる。ということで私は、「死んだら価値の出る人」と言ってもいいわけである。
 とはいっても、自分で言うのも何だが、私は「死なないと価値の出ない人」ではないと思う。社会的に価値があるかどうかというとほとんど無いと言っていいであろうが、親戚友人知人に美味しい野菜を提供している、それだけでも私が生きている価値はあるはず。私の野菜を「旨い!」と褒めてくれた優しい甥だ、彼だって「1千万円が入るのか、叔父さん、早く死んでくれないかなぁ」などとは思わないに違いない・・・たぶん。

 記:2016.5.27 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 見えない雲 | トップ | 引っ越し準備中 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。