ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

手練の女優

2006年08月18日 | ガジ丸通信-音楽・映画

 今月の模合(女房も文句を言えない飲み会)は先週の土曜日、12日にあった。模合はほぼ毎回場所が変わる。今回は、国際通りから少し入った久茂地にある居酒屋さん。
 国際通りへ行くならば、そのついでに桜坂劇場で映画を観ようと決め、桜坂劇場から送られてきたスケジュールの載っているパンフレットを手に取る。パンフレットは数ページあるが、その表紙に紹介されている映画を観ることにした。『かもめ食堂』。
 監督は荻上直子とあったが、私は知らない。原作は群ようこ、これは知っているが、ファンというわけではないのでその作品も1、2冊読んだくらい。主演は小林聡美、片桐はいり、もたいまさこの三人。私はテレビドラマをほとんど観ない。ここ10年で観たドラマは、NHKの『ちゅらさんパート2』、『ちゅらさんパート3』、明石家さんま主演の『さとうきび畑』くらいであろうか。そんな私なので、小林聡美、片桐はいり、もたいまさこの三人についての知識もほとんど持っていない。片桐はいりはその外見上の際立った特徴から、「あーこの人『笑っていいとも』のゲストに出ていた」とすぐに名前が浮かんだが、後の二人は、特に小林聡美については何も浮かばなかった。もちろん、女優であることは知っており、映画かテレビでその顔は何度か見ているとは思う。
 ”手練”とは「てだれ」と読み、「熟練して技芸などのすぐれていること。また、その人」(広辞苑)のことを言うが、小林聡美はまさに手練の女優。あとの二人も上手いと感じたが、この映画では小林聡美の魅力に、私はズンズンと引き込まれてしまった。『かもめ食堂』、不思議な空気でもって観客を飽きさせない。とても良い映画でした。

 話は続くようで、まったく変わる。私は、好きな女優はいくらでもいるが、嫌いな女優というのは少ない。少ないというか、今あの人この人思い出して考えてみても、誰も思いつかない。で、架空の話として、私は小林聡美が大嫌いということにしておこう。
 友人の部屋に入ると、小林聡美のポスターが何枚も貼ってある。彼は小林聡美の大ファンなのである。私はポスターだろうが、その顔を見るのも嫌である。ではあっても、友人に、「こんなポスター剥がしちまえ!」なんてことは言えない。個人の感性である。それは尊重しなければいけない。濃い墨総理が靖国参拝するのは彼の感性である。個人としての感性は、それが個人の立場であるならば、もちろん尊重されなければならない。他人がとやかく言うことでは無い。
 もしも私が、オウム真理教に大切な人を殺された人間としたならば、浅墓焼香を信奉する人間を好きになれない。付き合いたくないと思う。そんな人が身近にいたならば、文句の一つでも言いたくなるに違いない。そういう立場に立ったなら、中国や韓国の人が濃い墨総理靖国参拝を嫌う気持ちも理解できる。彼らの多くはそういう教育を受けてきたのである。そして、濃い墨には濃い墨の思惑があり、中国や韓国の政府には政府の戦略としての思惑もあるだろう。ではあるが・・・。
 お互いがお互いの感性を認めず、「参拝するのは俺の勝手だ」、「それを嫌うのは俺の勝手だ」などとやり合っていては、いつまでたっても仲良くできないがね。

  記:2006.8.18 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 頼りになるパソコン | トップ | 虫の知らせ、夢のお告げ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。