ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

無菌質VS雑菌質

2007年11月09日 | ガジ丸通信-社会・生活

 15年ほど前アメリカ旅行をする際、その前夜、成田空港近くのホテルに泊まった。ホテルへ行く前に弟の家に立ち寄った。はっきりとは覚えていないが、弟の家はホテルから車で30分ほどの場所だったと思う。最寄駅(駅名は覚えていないが、確か武蔵野線だった)まで弟に迎えに来てもらった。これもまた、はっきりとは覚えていないが、弟の家は2階建て4世帯ほどの小さなアパートで、その2階にあった。
 玄関のドアを開けると弟の女房が出迎えた。私は初対面である。話は逸れるが、私は弟の結婚式に呼ばれていない。母の姪であり、私の従妹たちの結婚式にも呼ばれていない。当時フーテンであった私のことを恥と思ってか、母が私に知らせなかったのである。母にそう思わせたことを申し訳なく思うが、それが私の生き方だった。自分の感性を抑えて母の言い成りに生きていたら、私の個性は死んでしまったと思う。今はあの世にいる母も、それを理解し、許してくれていると思う。そう願っている。
 さて、弟のアパートは、玄関を入るとすぐに台所となっていて、食卓があった。弟の女房、Mと初対面の挨拶をし、中へ入り、食卓の椅子に腰掛けようとしたら、Mが言う。
 「お兄さん、すみません。座る前に手を洗ってください。」と。言われたとおりに洗面所へ行き、手を洗い、それから座る。Mが謝る。
 「失礼なこと言ってすみません。私、病気なんです。潔癖症なんです。」とのこと。彼女はバスや電車の吊革、エレベーターの手摺なども触れないとのことであった。自分の特別な感性を先ず告知し、それによって迷惑をかけて申し訳ないという気分が、「すみません、私、病気なんです。」という言葉に表れていた。台所のみで応対され、部屋の中には入れてくれなかった弟夫婦であったが、私は悪い感情は持たなかった。

 そんな潔癖症のMが、近場の旅行さえ滅多にやらないというMが、雑菌だらけの沖縄にやってきた。しかも、雑菌だらけの亭主の実家で1週間も生活した。彼女にとっては相当の努力と我慢を必要としたと思われるが、嫌な顔一つせず耐えてくれた。海洋博公園、ひめゆりの塔、平和祈念公園などの観光地にも一緒に出かけた。「大丈夫かな」と心配した私であったが、彼女は、摩文仁からの帰り、お腹をこわした時以外はほとんどずっと笑顔であった。歳取って、少しは潔癖が緩くなったのかもしれない。
  彼女が無菌質だとすると、私は、威張るほどのことでは無いが、雑菌質である。公園のベンチや草むらで寝ることも平気である。そもそも、日常的に雑菌だらけの部屋に住んでいる。私の部屋にはヤモリが住み着き、いつもどこかにヤモリの糞が落ちている。小さな虫がいつもいる。ベッドの下、オーディオラックの後などは何年も掃除していないので、見る気もしないが、おそらく埃だらけで、雑菌だらけであろう。
 Mのような無菌質と私のような雑菌質とでは、どちらが健康的に長生きできるだろうかと考えたら、雑菌質であろうと私は思う。よって、私が雑菌だらけの部屋に住んでいることは、そう悪いことでは無いのだと思う。よって、掃除はあまりしなくても良い。

 弟夫婦が帰る日、空港まで送っていった。家で父や伯母、姉と別れる時も涙を流していたMが、空港でもウルウルしそうになっていた。1週間、雑菌に耐えていた彼女に感謝していた私は、彼女を抱きしめたいという思いに駆られた。が、止めた。雑菌質の私に抱きしめられたら、彼女は酷い病に陥るかもしれないと思ったからだ。
          

 記:2007.11.9 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 瓦版043 千の道があって | トップ | 絶賛!自然発生沖縄映画『琉... »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。