ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

自然が神様

2016年03月11日 | ガジ丸通信-環境・自然

 2月27日、いつものようにコツコツと草抜き作業をしていると、お初のオジサンに声を掛けられた。西原町民の多くがそうであるように彼もまたウチナーグチだった。
 「ニーサン、ヌー、ヰートーガ(兄さん、何植えてるの)?」と大きな声を出しながら私の畑の前までやってきた。私は植付けではなく除草作業をしていたのだが、彼の元へ近付きながら、1週間ほど前に種を播いた畝を指差しながら答えた。
 「エダマメです。」
 「メーニチ ヰジョーシガ ユー ハマトーンヤー(毎日見ているけど、よく頑張っているなぁ)」と、ニコニコ笑いながら言う。その顔は、私より数年先輩に見えた。
 「体壊さないようにのんびりやっていますよ」と応じると、「この男はウチナーグチを話さない人」だと認識したのか、この後は和語での会話となった。オジサンの名前はSさんといい、ナッピバルの南隣りTさんのキャベツ畑、その隣の休耕地を挟んで、そのまた隣の角地、去年10月頃から整地作業をしている畑の持ち主。
 15~20分くらいの立ち話は、お互いがやっていること、これからやろうとしていることなどであったが、「農業で生活するのは難しいよ」がお互いの経験から出た結論であった。Sさんは年金を貰っていて、農業からの利益はそう期待していないらしい。
          

 「農業で生活するのは難しい」はもう、私の実感である。毎年毎年長雨にやられ、干ばつにやられ、台風にやられ、害虫にやられ、散々な結果だった。去年は、10株ほど植えたゴーヤーは収穫1本、2畝80株ほど植えたエダマメは収穫10株ほど。ダイコンは20本ほど収穫できたが、成長がまちまちで売れるほどにはならなかった。
 売れるほどにはならないが、自家消費には十分役立っている。成長がまちまちなので、大きくなったものから順次収穫し、長い期間私の胃袋を満足させてくれた。ジャガイモも長い期間(1ヶ月半ほど)、私の主食として大活躍した。つまり、自然は人間に都合の悪いことを起こして、金を得ることを阻害するが、自然は基本的には人間が生きていくことを許している。太陽のおかげ、雨のおかげで作物ができ、私は生きていけている。

 2月21日、ある教会で行われた講演会に参加した後、宗教についてあれこれ考えて、既に4題の文を書いて先週までのガジ丸通信としたが、けしてしつこい性格ではない私なのに、なおまだしつこく考えて、もしも神がいるのならと、私の神を想定した。
 「自然は自然に発生したものではありません、全て神様が造られたものです。」
 「その神は誰が造ったんですか?」
 「神は造られたものではない、存在するものです。」
 以前、どこぞの宗派の人とそんな会話をした。その時はそこまでだったが、「なら、自然も存在するものでいいじゃないか、目に映り、耳に聞こえ、鼻に匂い、手に触れる、それこそ間違いなく存在し、人が生きていける環境を与えている。」と今は思う。
 「人が生きていける環境を与えている」ということは、「人がそこで生きていくことを許している」と言い換えても良い。つまり、自然こそが私を生かしてくれている者に他ならない。ということは、私が感謝しなければならない相手は自然ということになる。というわけで、もしも神がいるとしたならば、「私の神は自然です」となった。 
          

 記:2016.3.11 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 噂を信じちゃ・・・ | トップ | ヌチグスイ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。