ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

スキバドクガ

2012年03月16日 | 沖縄の動物:昆虫-鱗翅目(チョウ・ガ)

 スキバからテレビ

 火曜水曜の出勤日は、去年の7月まで昼飯は家に帰って食っていた。職場から家が車で5分とかからない距離だったからだが、9月に今のアパートへ引っ越してからはそれができない。昼飯は弁当を作って持って行き、職場の事務所で食っている。
 去年の7月まで、家で昼飯を食っている間テレビを点けていた。『笑っていいとも』を見て(観てというほどでは無い)いた。家で昼飯を食うことは8月まで続いたが、テレビを見ながらというのは無くなった。地デジになって以来家からテレビが消えた。

 スキバというと「透き歯」を連想する、「歯と歯の間のすいていること」(広辞苑)の意だ。「すきっぱ」と発音する人も多いようだが、広辞苑に「すきっぱ」という言葉は無い。「すきっぱ」は俗語で正式には「すきば」なのであろう。
 スキバドクガのスキバは「透き歯」という意味では無い。ガの顔を拡大して、その口を開けて、そこに並ぶ歯を見たら「透き歯」だった、とうことは無い。元より、ガに歯など無い。スキバドクガのスキバは「透き翅」という意。翅が透き通っているらしい。
 私はしかし、スキバというと「透き歯」を連想し、タモリを思い出し、『笑っていいとも』を思い出し、テレビを思い出した。テレビねぇ、懐かしいねぇ。

 スキバドクガ(透翅毒蛾):鱗翅目の昆虫
 ドクガ科 沖縄島~台湾、マレーシア~インドなどに分布 方言名:ハベル
 名前の由来、『沖縄昆虫野外観察図鑑』に「雄の・・・前翅の大部分と後翅の翅頂部が透明で、和名のスキバはそれに由来する」とあった。ドクガはチョウ目ドクガ科のガの総称で、毒毛を持つものがいてその名がある。本種の幼虫も毒毛を持つ。
 幼虫はいわゆる毛虫で、食樹はガジュマル。『沖縄昆虫野外観察図鑑』に「時折大発生してガジュマルを丸坊主にすることがある」とあったが、そういえばそのようなガジュマルを見た記憶がある。そうか、あれはこの幼虫のせいだったのか。
 同書にはまた、「雌は灯火に飛来し、雄は昼間に飛翔し・・・」ともある。日中活動性の私であるが、雄の姿をまだ見ていない。写真の雌は、午前10時頃に発見した。前翅長は雄17ミリ内外、雌22ミリ内外。成虫の出現は4~11月。
 
 成虫   
 
 幼虫

 記:ガジ丸 2012.3.9  →沖縄の動物目次 →蝶蛾アルバム

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『名前といわれ昆虫図鑑』偕成社発行
 『いちむし』アクアコーラル企画発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心の安全地帯 | トップ | 食欲の支配者 »

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。