ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

半人前オジサンの孤独

2017年07月07日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 4月21日付ガジ丸通信『男の修業を怠けた結果』の中で私は、「女性脳を理解できるようになることは幸せな結婚をし、幸せな結婚を長続きさせるための男の修業なのかもしれない。その修業を怠けてきた私、だから結婚できない」と書いたが、その関連。
 私の理想とする良き男女関係は「この男は察しない男だ」と相手を思いやって、よく分かるように話をする。「この女は記念日が好きな女だ」と相手を思いやって、年間のいろんなイベントを忘れないようにする。お互いの性格を認め合い、それに合わせる。こんな夫婦なら長い年月を経た後、素晴らしく愛に満ちた夫婦になるであろう。これが夫婦というのならば、私にも存在価値が出てくるはず。が、半人前オジサンの人生は今のところ、孤独のまま過ぎて行っている。それもこれも、男の修業を怠けた結果である。 

 私は生物学者でも生物に詳しい素人でも無いのだが、間違いを恐れずに言いたいことを言わせてもらうと、「何故、男と女がいる?」と問えば、「未来に残る人の遺伝子を多様化させるため」と答え、「何故、遺伝子を多様化する必要がある?」と問えば、「環境の変化や病原の多様化にも負けず生き残れる者がいるように」と答える。「何故、遺伝子を未来に残さなければならない?」と問えば、「遺伝子がそう望んでいる」と答える。
 遺伝子は未来永劫、ずっと生き残りたいときっと思っているはず、ということを前提にすれば、よって、男と女は互いを求め、2人の融合した遺伝子を残すのが自然。
 そうやって子供ができたら、子供を育てる作業が待っている。母は子供を慈しみ、母の遺伝子は子供が成長し、結婚し、そのまた子供を産むことを願う。父の遺伝子だって同じように、子供が成長し、結婚し、そのまた子供を産むことを願うはず。
 ではあるが、実際にはそうとばかりも言えない。「育児は女の仕事」という考えはついこのあいだ、昭和の頃までは先進国日本にもあったはず。
     
 
 女は、1人では子を産み育てることはできない。妊娠中、授乳中は働けないので誰かの助けを要する。助けとなる者はその第一に、子の父親である男が担うべき。
 男は、女が子を産み育てるのを助ける存在であって、女が子を産み育てるのに他人の力を必要としないならば、男は、性行為が済めば存在する価値はない。女が子を産み育てるのに助けとなる力を男が持っていれば、その男は存在する価値がある。自分1人生きていくのに精一杯の私は、女の為に存在する価値は無いと言える。つまり私は、男として役に立っていない→1人前の男では無い→なので、半人前オジサンということになる。

 少し自己弁護させてもらうが、私の孤独は私だけのせいでは無い。5月26日付『ウカライリチー』にも書いたが、ウカライリチーを作りながら昔のテレビ時代劇『花山大吉』を思い出した。花山大吉は酒とおからが大好物であった。それで、日本酒もおからも美味そうと私は思った。私は豆腐、湯葉、油揚げも厚揚げも好き、おからも大好き。そして、数あるアルコールの中でも日本酒は、酒の中では間違いなく1番好き。
 私の豆腐好き日本酒好きは花山大吉のお陰かもしれない。もしかしたら、豆腐好きなので健康でいられているのかもしれない。ありがとう花山大吉。そして、酒好きなので結婚できない(3度の女より酒が好き)のかもしれない。花山大吉のバカ!
     

 記:2017.7.7 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.7.7 覚悟の夏農夫 | トップ | オオムラサキシキブ »