ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

日本人の美徳

2005年06月10日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 確かめたわけでは無いがたぶん、沖縄には行列のできるラーメン屋、すし屋、饅頭屋などは無い。4、5分位なら待つかもしれないが、10分待つくらいなら普通の食堂で、待たずにゴーヤーチャンプルーを食った方がましだと思う。もしも沖縄のどこかで行列のできる飲食店があったとしたら、その行列に並ぶ多くは観光でやって来た倭人であろう。
 愛知万博の人気の高いパビリオンは2時間待ち、3時間待ちなどとなる。そんな時間を列に並び辛抱強く待つことは、私には不可能であった。会場へ向かうリニモで待たされる。会場の入場口で待たされる。各パビリオンで待たされる。並んで待つことを苦手としているウチナーンチュには、万博見学はしんどいものであった。正統派ウチナーンチュの私は1日でウンザリしてしまい、「もう2度と来るまい」と決心したのであった。
 しかし、それにしても、のんびり屋のウチナーンチュは待てなくて、せっかちな倭人が待てるなんて、いったい、いかなるわけだろうか。
 名大関貴乃花が死んだというニュースは名古屋3日目の夜だったかに聞いた。私の祖母が貴乃花の大ファンで、北の湖との対戦の時などは「クヌ(この)北の湖ワタブター(腹太)ヒャー(め)死ニクヮレー(死んでしまえ)」などと、テレビを観ながらえらく興奮していた。私は、顔が不細工だからという理由で不人気らしい北の湖に同情し、「死んでしまえ」なんて言い方をされては気の毒だと思った。しかし、そのうち世間の多くの不細工な顔の持ち主たちも、私(私は私の顔が不細工なんて微塵も思っていない)同様北の湖に同情するに違いない。北の湖の無念な気持ちが良く解る彼らによって、人気もでてくるに違いないと期待した。ところが、北の湖はいつまでたっても人気がでなかった。どうやら世間の多くの不細工な顔の持ち主たちも私同様、自分では不細工と思っていないらしい。
 話が飛んだが、死んだ貴乃花が、兄である先代若乃花と一緒に出ていたコマーシャルがあった。何のコマーシャルだったかは覚えていないが、「人間、辛抱だ」(おぼろげなので正確では無い)というセリフは、先代若乃花の渋い顔と共に記憶に残っている。
 愛知県は大相撲の力士の輩出が最も多い県だと聞いた。沖縄県出身の力士は少ない。私の記憶では、十両以上の関取になったのは過去2人しかいないのではないか。おそらく沖縄県は力士輩出のもっとも少ない県であろう。辛抱を必要とする大相撲の世界でそうだということは、ウチナーンチュは辛抱弱い性質なのだと考えられる。愛知県は逆に、辛抱強い人間が最も多い地域なのであろう。辛抱強いの代名詞ともなる徳川家康を生んだ国である。戦国の世から続く美徳は、名古屋の経済発展にも大きく寄与しているに違いない。
 辛抱強いのはもちろん、愛知の人ばかりでは無い。長い時間並んで待つ光景は、旅先でも見るし、テレビのニュースでもよくやっている。おそらく沖縄を除く日本国民は概ね辛抱強いのであろう。サッカーのサポーター、感情に任せて暴れたりする他国に比べ日本人は辛抱強い。暴れている外国のサポーターたちには、その精神力の弱さを感じる。負けた悔しさにじっと耐えている日本人サポーターを見ていると、何だか誇らしくなるのだ。

 記:ガジ丸 2005.6.10

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛知万博見聞禄その2 | トップ | 恋人はロボット »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。