ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ホウライチク

2017年07月16日 | 沖縄の草木:中木

 前回に続いて、今週も竹。竹だけでも松竹梅で縁起がいいが、今週紹介するのはさらに縁起のいい言葉のついたホウライチク。
 ホウライと聞いただけで何か目出度い感じを受けるが、それは宝来を連想するからであろう。ホウライチクのホウライはしかし、宝来では無く蓬莱、でも、蓬莱だって目出度い言葉なのだ。広辞苑によると、「仙人が住み、不老不死の地とされる霊山」とのこと。また、「新年の祝儀に三方の盤上に白米を盛り、上に熨斗鮑・伊勢海老・勝栗・昆布・野老・馬尾藻・串柿・裏白・譲葉・橙・橘などを飾ったもの。年賀の客にも饗した。」との意味も持つ。いずれにせよ縁起の良い言葉であることには違いない。

 私は新聞を取っていないが、新聞を全く読まないというわけでは無い。ほんの5分ばかし目を通す程度だが、年に10回くらいは読んでいる。どこで?給油所で。
 今年(2009年)3月の新聞に「ホウライチクと呼ばれる竹の花が咲いた。70年に1度しか開花しないといわれている。」との記事が載っていた。「70年に一度とは貴重な花であるな。」とは思ったのだが、見に行かなかった。
 何故見に行かなかったのか?場所は覚えて無いが、たぶん遠かったのだろう。今思えばしかし、ちょっと後悔。縁起の良い蓬莱という名の付く、縁起の良い竹の、滅多に咲かない花が咲いたのだ。七福神と鶴亀と松竹梅が一緒になったようなもの。

 
 ホウライチク(蓬莱竹):添景、防風、建材
 イネ科の常緑タケ類 中国南部原産 方言名:ンジャダキ
 名前の由来は『沖縄植物野外活用図鑑』に「蓬莱は中国伝承の神仙境の意でこの竹を賞賛して名付けられた」とある。この竹が特別美しいかどうかについては、私は不明。
 方言名のンジャダキは苦竹という意味になるが、苦竹(ニガタケ)はメダケ(女竹)の別称で、メダケは本種とは別属。メダケは竹の子が苦いらしいのでその別称があるらしいが、本種の竹の子が苦いかどうか不明。そもそも食えるかどうかも不明。
 高さ5m程度、径2~3センチ。株立ち性の竹。防風、生垣、建材として利用されるらしいが、生垣としては私は見たことなく、建材も見たことない。ちなみに、民家の庭などで使われている竹垣の材料は主に真竹と唐竹。
 土壌を選ばない丈夫な竹。本種の変種に庭の植栽によく利用されている(私はまだ見たことないが)らしいスホウチク、ホウオウチクなどがあるとのこと。
 学名は、Bambusa multiplex Raeuschel ex ex JA et JH Schult.

 記:島乃ガジ丸 2009.12.29 →沖縄の草木目次

 参考文献
 『新緑化樹木のしおり』(社)沖縄県造園建設業協会編著、同協会発行
 『沖縄の都市緑化植物図鑑』(財)海洋博覧会記念公園管理財団編集、同財団発行
 『沖縄園芸百科』株式会社新報出版企画・編集・発行
 『沖縄植物野外活用図鑑』池原直樹著、新星図書出版発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄園芸植物大図鑑』白井祥平著、沖縄教育出版(株)発行
 『親子で見る身近な植物図鑑』いじゅの会著、(株)沖縄出版発行
 『野外ハンドブック樹木』富成忠夫著、株式会社山と渓谷社発行
 『植物和名の語源』深津正著、(株)八坂書房発行
 『名前といわれ野の草花図鑑』杉村昇著、偕成社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブラシノキ | トップ | ホコバテイキンザクラ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。