ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

暴力による支配

2017年05月26日 | ガジ丸通信-科学・空想

 1ヶ月ほど前、図書館から借りたDVD『わたしはマララ』を観た。先週のガジ丸通信は、西原町図書館から初めて借りたDVD『太陽の子』の話をしたが、DVD『わたしはマララ』は、宜野湾市民図書館から借りた最後のDVDであった。
 『わたしはマララ』、2014年、最年少の17歳でノーベル平和賞を受賞した少女マララを主人公としたドキュメンタリー映画である。映画としては私の好みではなく、『太陽の子』は私の興味を惹き見入ったが、本作はたびたび早送りした。
 早送りしながらも、タリバンに支配された国に住み、教育が受けられない女性たち、それに抵抗する少女マララの賢さと勇気には感動した。であるが、私の頭は、マララとその国の女性たちに同情し、彼女たちを応援しながら、別の方向へ思考が飛んだ。

 女性が教育を受けられない。タリバンによるとそれはイスラムの教えらしい。女性は教育を受ける必要は無いらしい。早送りしているので映画の中で言っていたかどうか不明だが、女性は子供を産み、育て、家事をするものという位置付けなのかもしれない。
 そこには男尊女卑の思想がある。封建時代の日本もその傾向があったと思う。参政権は男だけという時代もあった。男尊女卑は世界中のどこにでもあったのだろう。
 男尊女卑は野放しの人間なら当然の思想なのかもしれない。それは何故かと考えた。
     
 原始の頃、男は闘っていた。動物と闘い食べ物を得ていた。同じ人間と闘い物を奪っていた。同じ人間と闘い女を奪い合っていた。生きて、女を勝ち取り、子孫を残すことが男の本能だったのであろう。今もその本能は概ね伝えられているはず。なので、
 人間は基本的に闘う動物であり、闘って強いものが上に立つことになる。概ねの男と概ねの女が闘えばたいてい男が勝つ。男から見れば女は弱い者、暴力による支配が当たり前の社会では、よって、男尊女卑となる、・・・のではないかと結論した。
     

 もう少し考えた。暴力が社会を制覇していた時代、なんて言っても、今だって根本はそう変わっていないように思うのだが、男尊女卑という意味で言えば、日本でも戦前まではそんな時代だったと思う。「男は女より強い、だから男が偉い」という思想の時代だ。
 江戸時代で言えば、侍は偉くて、町民は下賎。明治時代で言えば官尊民卑という思想。闘って強いものが上に立つ。上に立ったものは下の者から富を奪い、時間を奪い、下の者に命令し従わせる。そういうことに大きな満足を得る。そういう価値観が今もまだ残っている。だから、この世から暴力、さらには、戦争が無くならないんだと思う。
 とはいえ、人間は社会的動物となり、世界の多くの国や地域では「暴力による支配が当たり前」から卒業している。できるだけ周りとの摩擦を避け、できるだけ平和に生きたいと思うようになっている。ということで、今の世は概ね男女同権となり、さらに、体の不自由な人も健常者と同じく生きられるようにバリアフリーという考えも浸透している。
 ならば、そうやって人類が知恵を出し合えば、いつかこの世から戦争が無くなるのではないか?などということまで考えが及んで、そして、沖縄のことも考えた。
 暴力による主従関係が現代でも正しいとされるならば、暴力では勝てない日本国相手に沖縄は反抗できない。さらに、富でも勝てない日本国が「金やるから言うことを聞け」と命令したならば、反抗する力も鈍ってしまう。でも、知恵を出せば何とか・・・。
     

 記:2017.5.26 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.5.24 後顧の憂い無く | トップ | ウコッケイ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。