ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

形振り構わぬ主張

2015年07月10日 | ガジ丸通信-沖縄関連

 私は、生業としている畑からの収入がほとんど無く、たまにやるアルバイトも年間で数万円の稼ぎしかないので「貧乏人である」といっていい。この先も細々とした暮らしを続け、大病や大怪我などで長期入院を要するようなこと、あるいは、不注意から交通事故などで他人を怪我させるようなことが無ければ、生命保険を解約した金で、あと数年は生活できる。なので、「貧乏人である」の前に「日本人の中では」と入れ、「貧乏人である」を「貧乏人の方である」と言い換えた方がいいかもしれない。こんな貧乏でも生きていける、日本は良い国だとつくづく思う。これからも良い国であってくれと願う。

 「こんな私でも」と書いたが、私はけして(自己評価だが)怠け者では無い。どちらかと言うと、むしろ働き者である。働き者だが、金稼ぎ者では無いだけである。「細々とした暮らし」と書いたが、外へ飲みに行かない、食いにも行かない、1日の内の1食は畑の芋で、畑の野菜も大いに利用しているなどといった点では「細々」言えるが、家賃、光熱費、通信費、ガソリン代などに毎月5~6万円は使っているし、食料も肉魚、豆腐、お菓子などに1~2万円、発泡酒や泡盛、煙草といった嗜好品にも1万円は使っている。なので、「細々とした暮らし」も「日本人の中では細々とした暮らし」となる。
 衣食住の内、衣の方は今のところ最も「細々」である。実家にあった父や弟、甥達の衣類を持ち帰り、その内のいくつかはもう既に利用している。そのお陰もあって、ここ数年では作業ズボンと作業着も兼ねたTシャツをいくつか購入したのみで、普段着のジーンズも滅多に買わないが、アウターなど他の衣類はもう何年も購入していない。

 穴の開いた、またはヨレヨレとなったパンツや靴下をはくのは、それらは外から見えるものでは無いので私は元々平気である。穴の開いた、または襟や袖がヨレヨレとなったTシャツも着ている。「浮浪者のようだ」と見られても平気になっている。収入のほとんど無いオジサンは形振り構っていられない、「浮浪者でもいいよ」と諦めている。
          

 形振り構わないといえば、家から畑への通勤途中、交差点の角に気持ち悪い内容の宣伝幕がしばらく前から掲げられている。「米軍を撤退させ、沖縄を中国領にする」と大きな文字で書かれている。その文の上に「翁長知事、驚きのホンネ暴露」とある。翁長知事がそんなこと言ったのかと思ったが、「翁長知事へのスピリチュアルインタビュー」と下段にあり、翁長知事が実際に言ったことでは無いようだ。「霊的手法でホンネを引き出したぞ!」と罰当りな輩の戯言のようだ。どこぞの宗教団体が掲げたもののようだが、スピリチュアルなんて言葉を使って相手を誹謗するなんて、恥ずかしいし、見っとも無いし、神を冒涜するものだし、形振り構わぬ自己主張、形振り構わぬ攻撃だと思う。
 「沖縄を中国領にする」については、実は、数ヶ月前に友人のFからもそのようなことを聞いている。Fは信頼できる人だが、私は「沖縄を中国領にする」は荒唐無稽な話だと思った。そんなこと米国が絶対許さない、日本国も許さない、国連も許さない、それより何よりウチナーンチュが絶対許さないこと。ボロを着て農作業をし、ボロを着たまま買い物にも行く形振り構わぬ新米農夫は、知事の狙いが「中国領」では無いことを確信している。彼を動かしている情熱は他にある。字数も尽きたので、それはまたいつか。
          

 記:2015.7.10 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2015.7.10久々に学者気分 | トップ | 2015.7.17台風疲労 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。