ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

コガネムシ:スジコガネ亜科

2011年07月23日 | 沖縄の動物:昆虫-甲虫目

 コガネムシは、コガネムシという種も表すが、コガネムシ科の甲虫の総称でもある。分類としては、コウチュウ目カブトムシ亜目コガネムシ上科コガネムシ科となる。
 コガネムシ科は20の亜科に分かれる。今週は、この内のハナムグリ亜科、スジコガネ亜科、カブトムシ亜科の3亜種を文章で紹介しているが、紹介している昆虫の写真は揃っていない。私の住む近所ではなかなか見つからないものがあるからだ。森や林に入って、それを目的にしなければ撮れないようなので、それはどうも、昆虫に対する愛情の少ない私には難しい。ついで、ならいいが、わざわざ、とまでは気が進まないのである。

 このページではコガネムシが属するスジコガネ亜科を紹介したいと思う。写真はオキナワセマダラコガネとセマダラコガネ(松山市と四万十で撮れた)のものがある。セマダラコガネは沖縄に生息しない。また、コガネムシは、名前はメジャーだが私は見たことが無い。これもまた、沖縄には生息しないとのこと。3種の学名は以下。
 セマダラコガネBlitopertha orientalis
 オキナワセマダラコガネBlitopertha okinawaensis
 コガネムシMimela splendens 

 
 オキナワセマダラコガネ(沖縄背斑黄金):甲虫目の昆虫
 コガネムシ科の甲虫 沖縄島に分布 方言名:不詳
 背中に斑模様があるコガネムシなのでセマダラコガネ、沖縄島に分布するのでオキナワとつく。セマダラコガネとは前胸背板や上翅の斑紋に違いがあるとのこと。
 セマダラコガネ同様、個体変異が大きく、黒褐色から黄褐色までさまざまの模様があるらしいが、発見したとしても私には判別不能。写真の個体についても、じつは本種であるのか自信は無い。体長8~10ミリと文献にあるが、写真のものは20ミリ以上あったように覚えている。成虫の出現4月~8月とあり、これはその通り、写真は4月のもの。

 
 セマダラコガネ(背斑黄金):甲虫目の昆虫
 コガネムシ科の甲虫 琉球列島を除く日本全土に分布
 背中に斑模様があるコガネムシなのでセマダラコガネという名前。コガネムシはコガネムシ科の甲虫の総称、その中には、体が黄金色をしていないものが多いらしい。
 個体によって色彩の変異が大きく、全体が黒色のものや、斑紋の無いものまでいる。上翅が黄色地に黒色の斑紋のあるものが多いとのこと。
 体長8~13ミリ内外。成虫の出現は6月から8月。写真は6月の四国。

 コガネムシ(黄金虫・金亀子):甲虫目の昆虫
 コガネムシ科の甲虫 北海道から九州に分布
 体の色が黄金色に見えるところからその名前がある。
 体長17~23ミリ内外。成虫の出現は5月から10月。

 記:ガジ丸 2006.10.28 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行
 『名前といわれ昆虫図鑑』偕成社発行
 『日本の甲虫』(株)北隆館発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イチモンジハムシ/オキナワ... | トップ | カナブン:ハナムグリ亜科その1 »

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。