ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

心を作るもの 映画『ふたりの桃源郷』

2016年11月04日 | ガジ丸通信-音楽・映画

 小さなシネコンである桜坂劇場は、会員に会員の誕生月の映画招待券を1枚くれる。私は桜坂劇場の会員(古くからの)であり、私の誕生月は10月なので、9月に送られてくる劇場からの便りに10月一杯使える映画招待券が1枚同封される。今年も来た。
 雨が多かったせいで畑仕事が大幅に遅れており、映画を観に行く余裕は無い。が、雨の日ならどうせ畑仕事はできないので、雨の日に映画鑑賞と決めていた。
 10月14日、夜中の大雨が続いて朝も雨。で、畑仕事は休んで午後は映画とする。その日は金曜日だったのでネット環境である従姉の夫の事務所へ行き、ガジ丸HPとブログをアップして、アパート探しをして、家に帰って、昼飯食って11時25分に家を出る。映画は12時開始、桜坂劇場までは20~25分ほどだが、余裕を持ってのこと。
 県道330号を南下する。ところが途中から渋滞。家から桜坂劇場までの道程の三分の一辺りの地点から渋滞。混む時間帯ではないし、混み方が尋常ではない。想像するに、おそらく事故と思われた。そこからノロノロ運転となり、家から桜坂劇場までの道程の中間地点辺りでついに映画の始まる時刻の5分前となった。映画は諦めてUターン。

 観たい映画は21日までは日中の上映であったが、それ以降は夜の上映となっていた。夜は外に出たくないので10月18日、畑日和であったが午後から映画を予定する。その日はまた、母の命日でもあり、首里にある寺へ行く用もあった。寺から桜坂劇場へは歩いて20分ほどだ。寺に車を駐車して、映画館まで歩いて往復という計画。
 トートーメー(位牌)に母の好きなワインとフランスパンを供えウートートゥ(祈りの言葉)。寺務所へ行って、以前から美人だと思っていた事務のお姉さんに、映画観に行って帰るまでの間の駐車許可をお願いする。快く了解してもらったのでそのお礼に「賄賂です」と言ってシブイ(トウガン)とオクラ数本をあげる。そんなこんな(美人と会話がしたいという邪な想いから)に時間がかかって、徒歩では映画に間に合わなくなってしまった。ということで、バスに乗って桜坂劇場へ、上映開始時刻にギリギリ間に合う。
     

 ダラダラとどうでもいい前置きが長くなったが、その日観た映画は『ふたりの桃源郷』というドキュメンタリー映画。電気も水道も無い山で暮らす老夫婦のお話。
 「畑を耕し、山の恵みを採取する生活」に興味を惹かれ、「電気も水道も無い生活」には大いに興味を惹かれて、「観たい」と思った。いつか私もそうしたいので。
 先ずは、老夫婦の元気さに勇気付けられる。身体を動かしていれば歳取っても元気でいられる、元気なので畑仕事を続けることができる、畑仕事をするので元気、という見事な健康スパイラル。「よっしゃ!俺の未来もそう暗くは無いぞ」と勇気を貰った。
 老夫婦は全くの野生暮らしというわけではない。水は湧水を引いており、電気は発電機を使用している。時々町へ下りて、年金を引き出し米などを買っている。時には子や孫たちが訪ねてくる。ではあるが、質素で、二人きりの時間が多い。そして、二人きりの時間が素敵。お互いを信頼し合っている長年連れ添った夫婦じゃないとできないこと。
     
 長年連れ添った妻が私にはいない。したがって、老夫婦のような幸せな時間を持つことは、私にはできないこと。体は食べ物で作られるが、心は食べ物では作られない。心は他者との関わりで作られる。ということを思い知らされた映画でもあった。

 記:2016.11.4 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016.11.4 正気に戻る | トップ | ウージゼリー »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。