ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

なまじかけるな薄情け

2007年03月23日 | ガジ丸通信-社会・生活

 相当古い歌で、そのタイトルも歌手名も覚えていないが、・・・今調べた。インターネットはホントに便利。タイトルは『裏町人生』、歌手は上原敏。『裏町人生』は、そんなタイトルだったかなあと微かな記憶があるが、上原敏(ビンと読む)は全く記憶に無い。『流転』という歌も歌った人らしい。『流転』ももちろん、古い歌であるが、その歌詞を見たら、メロディーが浮かんできた。私も古いなあ。
 さて、『流転』では無く『裏町人生』、その歌詞の中に「なまじかけるな薄情け」というフレーズがある。他の部分は全く覚えていないが、そこだけは強く私の記憶に残っている。「なまじかけるな薄情け」を、「上っ面の愛情でちょっかい出すな」、「面倒見るなら最後まで見ろ」などという意味で私は捉えている。念のため、広辞苑で調べる。
 なまじは「深く心を用いないさま。中途半端。」で、薄情けは「かりそめのはかない情愛。」ということ。私の捉えた意味と、まあ、だいたい同じ様なことである。「毒を食らわば皿まで」とか、「キスをするならディープキス」ということ?である。あるいは、愛と対極にある憎しみで言えば、「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」とか、「どうせ殴るなら1発より100発」などがあると(たぶん)思われる。

  去年の暮れ辺りから、アパートの周辺でネコの鳴き声が煩くなった。以前から発情期の声は時々聞こえていたが、それとは違う甘えた声が多くなった。セックスでは無い愛情を求める声、人間に餌を求める声である。高い声のミャオ。
 近所の野良ネコ、私の畑に糞を垂れる憎きネコ共に1階の若い男が餌をやっているようなのである。隣の若い女もたまに餌をやっているようで、1階だけでなく、2階にもネコはたまにやってくる。ネコを見ると蹴っ飛ばしてやりたいと常々思っている私にさえ、甘い声を出す。しかし残念ながら、私は薄情けを、なまじかけることはしない。私の部屋の前でミャオ、ミャオと鳴くネコも、「この男はダメだ」とすぐに諦めてくれる。

 「薄情け」の「薄情」は「はくじょう」とも読む。「義理・人情にうすいこと。愛情の薄いこと。心のつめたいこと。」(広辞苑)ということ。1階の若い男や隣の若い女から見れば、私は薄情者に映るかもしれない。「この寒空に、お腹空かせて、建物の陰で縮こまっているんだ。それを見て、お前は可哀想と思わないのか。」と彼らは言うかもしれない。しかし、それでも断固として私は、野良ネコ共に食物を与える気持ちは無い。少なくとも、「野良」を「飼い」にする覚悟が無い限りは与えない。今のところそんな覚悟は微塵も無い。「薄情者め」との非難は甘んじて受ける覚悟はできている。

 野良ネコに、気紛れに餌を与えて、ちょいと優しい心を持った気分になる。その気分はちょいとした幸福感を与える。そういう気分が私はあまり好きでない。優しくも無いのに優しいなどと自分の心を勘違いしてしまう。勘違いの幸福に騙されてしまう。
          

 記:2007.3.23 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 対岸の火事、ダーウィンの悪夢 | トップ | 病を運ぶ夜の鳥 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
賛成派 (リアディゾン壁紙特選)
リアディゾン壁紙同好会です、好き者同士研究しましょう。