ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

初読書はマニュアル

2005年01月21日 | ガジ丸通信-社会・生活

 マニュアル通りにしかデートができない若い男が増えている、という話はもう数年前のことだったか、今、マニュアル通りにしかパソコンを動かせないオジサンはもっと増えているに違いない。私の今年の初読書は、新HP作成ソフトのマニュアルだった。
 先週土曜日に模合(注1)の新年会があって、その開始時間に20分ほどの余裕を持って私は家を出た。本屋さんに寄って、新HP作成ソフトの解説本を買おうと思ったのだ。ソフトに付属のマニュアル本は解り辛い。「こういうことがしたい」ということについての説明がどこにあるのか探し辛いし、説明も易しくない。旧ソフトも同様だったのだが、1度、解説本を読んだ後だとマニュアルも使いやすくなる。皆、そうなのだろうか。
 その日の昼間、図書館へ行った。新HP作成ソフトの解説本があれば借りようと思っていたのだが、それらしきものは貸し出し中だった。で、滅多に買うことの無い(去年1年間で買ったのは岩手のガイドブックを含め4冊)本を買うことにしていたのであった。
 本屋さんが近付いたところでふと、財布にお金が十分入っていないことに気付いた。確かめると模合金(注2)の分ギリギリしか入っていなかった。飲み代が出せない。当然、本など買う余裕はまったく無い。で、本の購入は諦める。
 翌日曜日の午後、散歩がてら近く(徒歩片道25分)の本屋へ行こうとしたが、天気が悪い。雨が降りそうな気配。傘を差しての散歩は面倒。また、その日は沖縄とは思えないくらい寒かった。で、やっぱり、本の購入は諦める。そして腹をくくる。解り辛いマニュアルを何とか読み取ってやろう。マニュアル通りに新ソフトを動かしてみよう。と、その日からマニュアル本を片手に新ソフト攻略に奮闘努力したのだった。
 マニュアル通りにしかデートができない若い男が増えている、という話題が数年前にあった。それは、そういうことは好ましくないという非難とともに紹介されていた。が、しかし、慣れないこと、女性をデートに誘って、彼女を十分に楽しませることを自分の感性に頼るのでは無く、本の助けを借りる、なんてことは普通のことだろう。何が良くないんだろうと私は思っていた。慣れないことにはお手本が必要だろうと、今でも思うのだ。
 お手本の無かった(あっても、知らなかった)我々の若い頃は、デートに誘う、手を握る、キスをする、セックスする、それら一つ一つの段階へ至るまでの道は闇夜の向こうにあって、手探りで突き進むしか無かった。頬を叩かれたこともあった。多くの友人に絶交されたこともあった。仕事を辞める羽目に陥ったこともあった。試行錯誤だったのだ。
 親友のHは、ある日、付き合い始めた女性を何とか自分の部屋に誘いこんで、そして、彼女をいきなり押し倒した。強姦罪で逮捕されることを覚悟の上だった。でも、彼には自信があった。この女のことを心底好きだという一点においてだ。一生を豚箱で暮らすというリスクを犯してでも、彼女との結婚が、彼には必要だったということなのだ。
 そんな情熱家の彼は、そんな情熱に負けてしまった彼女と、今では3人の子供とともに平和で幸せな、楽しい家庭生活をおくっている。自分の気持ちに正直でありさえすれば、マニュアル通りに動かずとも“大事は成る”ということなのだろう。
 さて、私のマニュアル本片手のソフト攻略は、面倒臭がって滅多に掛けない老眼鏡を出してまでの奮闘努力ではあったが、結果、今日になっても上手くいっていない。私の正直な気持ちは、なかなかコンピューターには通じないようなのだ。

注1、模合:本土にある頼母子講のようなもの。詳しくはこちら
注2、模合金:模合で支払うお金。

 記:2005.1.14 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 情報離れ | トップ | 我が身をつねっても »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。