ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

お客様は人間です

2006年01月20日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 私が日常の買い物をするスーパーは4店ある。家から徒歩5分のAスーパー、徒歩10分のBスーパー、徒歩15分のCスーパー、徒歩20分のDスーパーである。Bスーパーは職場からの帰り道にあるので、平日の夕方に主に利用する。Cスーパーは休肝日明けの木曜日に酒の肴を買いに行っている。AスーパーとDスーパーは週末に利用している。4店ともそれぞれ週1回ずつくらいの利用頻度となっている。
 AスーパーとBスーパーは沖縄資本、つまり、地元のスーパーで古くからウチナーンチュに親しまれているチェーン店。沖縄に多くの店舗を持っている。近所のAとBはそれぞれのチェーン店の中でも規模の小さい方で、いかにも庶民の店といった感じ。もう10年以上の馴染みであるし、店が小さいので、そこで「○○はどこにありますか?」なんて訊くことはないのであるが、もしも、訊いたとしたら、その商品のあるコーナーの近くまでは案内してくれるであろう。レジ係りの人も多くが気さくな感じの人たちである。
 Cスーパーは本土(倭国のこと)の大手スーパーと業務提携しており、店の規模も大きく、品揃えが豊富。私好みの酒の肴も多く置いてある。レジ係りの言葉使いも丁寧で、服装もきちっとしている。そこで「○○はどこにありますか?」と訊けば、その商品の置いてある場所まで案内してくれる。
 Dスーパーは全国チェーンの店。社員教育が徹底しているようで、言葉も身なりもきちっとしているのはCスーパーより勝る。さらに、「○○はどこにありますか?」と訊けば、その商品の置いてある場所まで案内するのは当たり前で、何かを探してウロウロしていると、係りの人が近付いてきて、「何かお探しですか?」と訊いてもくれる。
 DやCは、まあ、丁寧過ぎるとしても、AやBのような接客でも私は気分が良い。親切にしてもらっているという印象を受ける。今では少なくなったが、昔は、今のスーパーマーケットのように食料品から日用雑貨を置いてある店は、マチヤグヮーと呼ばれる店が多かった。ウチナーンチュは、日用の買い物はマチヤグヮーで済ませていた。マチヤグヮーで「○○はどこにありますか?」と訊くと、そこの主は商品のある場所まで案内してくれたりはしない。その近くまでも行ってくれない。「あの辺」と顎で指すだけである。ウチナーンチュにとってはそれが普通。買う方も売る方も同じ人間という立場、言葉使いも概ねフレンドリー、「ありがとうねー」なんてこともあまり聞かなかったように思う。
 アメリカのレストランで食事をしたりすると、店員を呼ぶ時、ウエイトレスならマームと言い、ウエイターならサーと言ったように覚えている。私は英語が得意では無いので、その辺、正確ではないかもしれないが、少なくとも日本のように「よー、姉ちゃん」などと呼んだりはしない。サービスする方もサービスを受ける方も同じ人間ということなのであろう。サービスとその代金は等価交換であって、そこに上下は無いのであろう。
 お客様は神様といって、神様のように扱うのも、また、扱われるのも私はあまり好みでは無い。前記のAやBくらいの接客が私にとっては良い加減である、と思っていたのであるが、先日、母に持たせる携帯電話の契約申し込みに行ったら、そこの店員が、まあ、何とも丁寧で、優しくて、親切で、おまけに若くて美人であった。あんまり丁寧に接してくれるので、この女、俺に気があるのでは無いかと勘違いしてしまい、それから数日間、私はすごく気分が良いのである。神様扱いも悪くは無いな、と思ったのであった。

 記:2006.1.20 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 短くなった寿命 | トップ | イチャンダイチゴ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。