ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ミツバチ

2011年06月25日 | 沖縄の動物:昆虫-膜翅目(ハチ他)

 農夫の友人

 「ちゅうばいか」という言葉がある。「何飲む?ビールか?それとも酎杯か?」の「ちゅうはいか」では無い、「は」は「ば」と濁っておる!と、自分で書いていて怒鳴ることもないのだが、虫媒花のこと。「昆虫によって花粉が柱頭に運ばれ受粉する花。サクラ・ユリなど。」(広辞苑)のこと。ミツバチは運ぶ昆虫の代表。

 去年(2010年)、「ミツバチが少なくて、野菜果物の受粉ができない」というニュースがあった。ミツバチが少ないのは世界的な傾向だったようだ。私の畑、友人の畑、従姉の畑のゴーヤーやナーベー ラー(ヘチマ)の出来も去年は悪かった。
 ミツバチがいなくても、他のハチやアブ、ハエが同じ働きをしてくれる。ただしかし、絶対数が違う。私の経験では、例えば、クマバチが1匹いたとしたら、ミツバチは100匹ほどいる。ミツバチは花が咲いている所であれば、私の畑でも野原でも公園でも普通にいて、いつでもいて、数多くいる。数多くいて、たくさんの虫媒花の役に立っている。そして、多くの、花の受粉が必要な農夫の役にも立っている。

 農夫の友人であるミツバチを、素人農夫の私も頼りにしている。なので、その針に刺されたら痛いらしいが、ミツバチを殺そうなどと思ったことは全く無い。先日、彼らの好物である畑のセンダングサを引き抜いたが、その代わり、ガザニア、ヒマワリ、ナデシコなどの草花を植えた。これからも友達であり続けたいとの思いから。

 
 ミツバチ(蜜蜂):膜翅目の昆虫
 ミツバチ科 ヨーロッパから日本全土に分布する 方言名:ハチャ(ハチの総称)
 名前の由来、資料は無かったが、蜜をよく吸うハチだから、あるいは、蜂蜜を生産するハチだからということで、たぶん間違いなかろう。
 蜂蜜やロイヤル‐ゼリーを採るために世界的に有用な昆虫となっている。暖かい沖縄ではほぼ年中活動しているので、養蜂家にとっては、沖縄は都合が良いらしい。
 蜂蜜やロイヤル‐ゼリーの生産だけでなく、彼らは野菜の受粉もやってくれる。それも世界中で活躍している。農夫の有難い味方となっている。
 どこにでもいて、沖縄ではほぼ年中いて、これまでもよく出会っているハチ。アニメのミツバチハッチで馴染みの通り、小さくて黒と黄色の縞模様があって、すぐそれと判る。ただし、日本にはニホンミツバチとセイヨウミツバチがいて、写真のハチがどちらなのか素人の私には判断できない。どちらかというとセイヨウなのではないかと思われるが、沖縄ではニホンミツバチとセイヨウミツバチの雑種が主流らしい。
 体長は12~13ミリ。成虫の出現は、沖縄では周年。
 
 横から
 
 顔

 記:ガジ丸 2011.5.19 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キンモウアナバチ | トップ | イエカ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。