ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

個人の感性

2006年06月16日 | ガジ丸通信-社会・生活

 サッカーワールドカップの日本の第一戦、同じ場所でテレビ観戦していた若者たちがケンカしたそうである。負けてもヘラヘラ笑っていることが気に入らないということが、その原因なんだそうである。日本チームへの思い入れが強い人からみると、負けてもヘラヘラ笑っていることが腹立ったのであろうが、日本チームへの思い入れがさほど強くない人にとってみれば、「次頑張ればいいや」とヘラヘラ笑って済むことだったのであろう。涙流して悔しがることも個人の感性、さっぱり諦めることも個人の感性。自分とは違う感性だからといって腹立てて、人を殴るなんて、まるでチンピラヤクザみたいだと思う。

 いったい、日本国の人間の何割くらいが、サッカーワールドカップに興味を持っているのだろうか。テレビのニュースやワイドショーを観ていると、国民こぞってワールドカップに興味を持っていて、ジーコジャパンを応援しているような放送をしているが、私はしかし、それほど興味が無い。第一戦、家のテレビではNHKの映りが悪いということもあって、テレビ放送は観なかった。どうしても観なきゃ、という思いも無かった。
 もちろん、日本チームが勝てば嬉しいと思い、負ければ残念に思う。が、元々サッカーファンでは無いので、さほどの興味は持てないというわけである。ゴルフファンでも無いのだが、ウチナーンチュなので、むしろ宮里藍の成績の方がずっと気になった。気になったのでテレビのスポーツニュースを、見たくも無い他国のサッカー試合を我慢して見続けたが、いつまでたっても宮里藍のニュースはしない。どういうこと?と思うのは私の感性で、テレビを観ている多くの人にとってはきっと、藍よりもサッカーなのであろう。

 世間がワールドカップにワクワクドキドキしている中、先週火曜日から4泊5日の日程で四国を旅した。四万十を川沿いに歩いている最中、雨に降られ、その日は夜遅くまで雨が続いたが、その他は概ね晴れ、汗ばむほどの陽気であった。
 私の部屋には窓側に1畳ほどのフローリングがあり、そこには食卓兼用の事務机を置いてある。土曜日、旅から帰ると、その机の下のフローリングに白いカビがたくさん生えていた。フローリングの表面の薄い板が一部めくれ上がってもいた。畳の上も湿っていて、裸足に吸い付くような感じがした。部屋全体が湿って、カビ臭かった。四国の陽気に私が浮かれている間、沖縄はずっと雨だったらしい。今年は平年の3倍の雨量らしい。
 そのせいで、全国ニュースになるようなことが起きている。那覇市首里鳥堀の地滑り現場は、私の住まいからだいたい2キロのところにある。中城村の地滑り現場は、今これを書いている金曜日の職場から3、4キロのところにある。野次馬根性の希薄な私はどちらも見に行こうなどとは思わないが、避難生活を余儀なくされている人々については気の毒に思う。せめて、サッカーの試合でも観て、心を慰めて欲しいものである。
 楽しくない状況にいる人々に希望を与え、情熱を沸き立たせ、楽しい思いにしてくれる力が、そう、スポーツにはあると思う。ジーコジャパンが次の試合に勝って、決勝トーナメントに進出、なんてことになれば、今苦しい状況にいる人々も「よっしゃ、俺も頑張ろう」という気持ちになるかもしれない。スポーツの力は偉いのである。それでも、私は特に興味が無い。次の試合もきっと観ない。個人の感性である。殴らないでね。

 記:2006.6.16 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 眠った馬の目は抜かれる | トップ | さっきの記憶 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。