ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

眠れない夜

2016年07月08日 | ガジ丸通信-環境・自然

 もう40年ほども昔、私が青春だった頃、『眠れない夜』という流行り唄があった。歌っているのはフォーク歌手の・・・老化した脳が名前を思い出せない。1番の歌詞はだいたいだが覚えている。「眠れない夜 風が窓を叩き・・・中略・・・眠れない夜」だったと思う。しかし、その歌の眠れない理由については、私には理解できなかった。
 青春の頃の私には「眠れない夜」がたびたびあった。私が眠れない理由ははっきりしていた。たいていは恋、片思いで悶々とした夜を過ごしていた。恋以外に眠れない夜もあったと思う。台風で風が窓を叩き、煩くて眠れないとか、隣の部屋で徹夜マージャンをしていて、煩くて眠れないとか、隣の部屋の若夫婦のあの時の声が漏れ聞こえ、悶々として眠れないとか、などといったことがあったかもしれない。

 この頃の私は「眠れない夜」が続いている。恋をしているわけではもちろんないが、隣の部屋が煩いというわけでもないのに、ぐっすり睡眠ができないでいる。

 言っても書いても詮無きことだが、今年は暑い、糞暑い。最も気温の高くなる昼後は、太陽光線が殺人光線のように感じられて炎天下に身体を晒す勇気が出ない、そんな元気も無い。炎天下で肉体労働はもうできない。というわけで、先週から昼前には畑を引き上げている。夏農夫は午前中で仕事を切り上げるが、本来なら朝4時半に起きて6時までには畑へ着き、5~6時間は畑仕事に精を出している・・・はずである・・・のだが、この頃は早起きができていない。ぐっすり眠れていないので目覚めてもダラダラしている。
 今年は夜も暑い、糞暑い。暑くてぐっすり眠ることができていない。大雑把に言うと、眠りに入って30分ほど経つと暑さで目が覚める、喉も乾いている、枕元に用意してある飲物を飲む、汗が噴き出る、扇風機の傍に寄る。30分ほどグダグダして眠りに入る、するとまた30分ほどして目が覚める。同じことを何度か繰り返して朝になる。
     

 「今年は暑い」と書いたが、日記を読み返してみると、去年も暑かったみたいだ。それが確かかどうか沖縄気象台の過去の観測データで調べてみた。
 6月の旬ごと(上旬、中旬、下旬)の1日平均気温を2011年から見てみると、2011年から2014年まではそれぞれ大差ない。4年間の平均は上旬26.1、中旬27.6、下旬28.5となっている。2015年のそれは上旬27.5、中旬29.1、下旬29.5だ、確かに去年の6月は暑かった。そして、今年は上旬27.1、中旬28.3、下旬29.8となっていて、下旬は去年より0.3度高いが、上旬中旬は去年の方が高い。でも、私の体感では少し違う。
 夜暑苦しくてが眠れないということは、1日の最低気温が高いということ。ぐっすり眠れるほどの気温にまで下がっていないのだ。ということで、これも調べる。
 6月の旬ごとの平均最低気温、2011年から2014年までの平均は上旬22.9、中旬24.0、下旬25.6。2015年のそれは上旬24.4、中旬25.4、下旬26.8。西日の射す私の部屋はコンクリートの輻射熱でそれより3~4度は高くなる。それでも2011年から2014年までの気温なら私はぐっすり眠れている。去年の下旬だと厳しい。そして、今年のそれは、上旬25.1、中旬26.5、下旬27.6。ほら見ろ、去年よりさらに高い、私が眠れない訳である。7月上旬(6日まで)のデータもあった、27.7度。今月も私は眠れない。
     

 記:2016.7.8 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016.7.8 ハルサーの噂 | トップ | 衣替え2016春 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。