ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

喜屋武岬

2010年12月31日 | 沖縄05観光・飲み食い遊び

 9月の中旬、鹿児島の友人Nとヤンバル散策をした際、沖縄島の最北端である辺戸岬へも行った。辺戸岬は20年ぶりくらいであるが、それまでにも数回は行っている。辺戸岬に立った時、沖縄島の最北端である辺戸岬には数回来ているが、最南端の喜屋武岬にはまだ一度も行っていないことにふと気付く。「そうだ、喜屋武岬へ行こう」と決める。
 その2週間後、22歳の美少女(22歳で少女は無かろうが、十分オジサンの私から見れば、ということ)とのデート(もちろん恋人では無い。私はご馳走オジサンである)を兼ねて喜屋武岬へ行った。陽射しは熱いが、風の涼しい土曜日であった。

  去年、たまたま喜屋武岬の近くまで来たことがある。売店があって、その前には広い駐車場がある。観光バスだって何台も停められるような広さ。その時バスは無かったが、十数台の乗用車があった。観光客らしきグループも何人かいた。「ほほう、いちおう観光地になっているのか。」と思う。若い女性のグループの話では、すぐ近くには観光雑誌で紹介されている食堂もあるとのことであった。で、てっきり、喜屋武岬は近くにあって、ここに車を停めて歩いて行くんだろうなと私は思った。が、違っていた。
 売店の傍から南へ向かう舗装された道があり、その角に「←喜屋武岬」という案内板があった。「車でも行けるの?」と思いつつ、その道を走らせる。途中から農道となる。対向車が来ればすれ違うのが難しいような細い道、ホントに観光地かいなと思うような道。ただ、「←喜屋武岬」案内板が所々にあったので、道は間違えていない。しばらくして喜屋武岬に着く。あの駐車場からは、歩くと30分はかかりそうな距離であった。
  喜屋武岬にはトイレと東屋と「平和の塔」という建造物と「喜屋武岬灯台」があった。ここが駐車場ですとはっきりしたものは無く、何となく駐車場であろうスペースが、乗用車10台分ばかりあった。海は崖の下にあった。景観としては恩納村の有名な観光地、万座毛のようであったが、万座毛ほどの迫力は無い。10分で飽きる風景と思われたが、観光客もいた。10分で飽きる風景にオジサンと美少女は1時間ばかりいたが、その間に20人ばかりがやってきた。彼らの多くは10分で飽きたようで、ちょっと海を見たり、写真を撮ったりして、たいていの人はすぐに帰った。ここは食堂も売店も無いのだ。
 狭い農道を通って辿り着いて、このような景色で、「なーんだ」と思いはしないかと、ウチナーンチュのオジサンはちょっと心配になってしまうのであった。
     
     

 記:ガジ丸 2006.10.18 →沖縄の生活目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仲原馬場 | トップ | 世界のウチナーンチュ大会 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。