ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

手当ての甲斐も無く

2006年12月01日 | ガジ丸通信-科学・空想

 職場のパソコンはよく故障する。ウインドウズ95から98、今のXPに至るまでそうである。私個人が持っているXPは買ってから2年になるが、まだ1度も、これっぽっちも不調になったことが無い。頭の悪い(CPUの性能が低い)ノートでさえ、職場のXPに比べたらその不調の度合いは遥かに少ない。
 前々から感じてはいたことなんだが、私は、それは”気”のせいでは無いかと思っている。「思い込み」という意味の「気のせい」では無く、風水で言う”気”のせいということである。職場の”気”の流れが悪くて、パソコンが故障しやすいのではないかと思っている。まあ、それこそ、まったく、「気のせい」なのかもしれないが・・・。

 先週月曜日(20日)の朝、LAN接続に異常があることに気付いた。「どうしたんだろう?」と思いながら、LANには何の影響もされないエクセルやワードを使った作業を続ける。お昼になって、いったん電源を落とす。
 午後1時、電源を入れる。BIOSが立ち上がり、XPが立ち上がる。が、XPが途中で止まる。何度やっても同じ。「どーなっているんじゃい!」と別のパソコンで、処置方法を検索する。結果、起動ディスクを使うことにする。起動ディスクはFDが6枚必要だという。会社に空のFDは無い。古いデータの入ったFDを出し、そのデータをPCのハードに移動して、FD6枚を準備する。ここで月曜日が終わる。

 火曜日、FD6枚分の起動ディスクを作る。それを使って起動させてみるが、3枚目で止まる。FDが古くて、カビでも生えているのかと思い、別のパソコンで調べる。6枚のうち2枚は正常でなかった。で、正常なFDを2枚探して、正常を6枚揃えて、改めて6枚分の起動ディスクを作る。それを使って再挑戦するが、今度は5枚目で止まる。システムの中に足りないファイルがあるとの表示が出る。そのファイルが何なのか調べたり、修復方法を調べたりして、火曜日が終わる。

 水曜日、いざとなったらディカバリーDVDを使おうと決めていたので、その作業の際は、余分な線は外しておいた方がいいというので、スキャナー、プリンターなどを外し、電源を入れる。すると今度は、BIOSは立ち上がっているようだが、画面が真っ暗なまま。線のつなぎを良く確認しながら、何度か試す。何度かやっているうちに、そのうち、BIOSまでもが立ち上がらなくなった。FANは回っているので、電源は行っている。が、ハードディスクのランプがチカチカしない。音もFANの音だけ。それならばと、PCの蓋をあけ、CMOSリセットというBIOSの初期化をやる。しかしそれでも、まったく何の変化も無かった。ということで水曜日も終わる。

 ひどい傷を負っているのに、それを我慢して戦い続けた戦場の兵士が、やがて右ひざをつき、左ひざをつき、手をつき、尻をつき、ついには倒れこんで、意識を失い、死んでいく。みたいに、会社のPCは死んでいったようだ。アーメン。
          

 2006.12.1 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 勝っても負けても | トップ | 貧富の差 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。