ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ウチナーグチは直訳で

2009年07月31日 | ガジ丸通信-音楽・映画

 小中学校が夏休みに入る頃からは真夏である。空が晴れて、ギラギラの太陽がガンガン照りつける日は、散歩も辛くなる。しかし、やる。まるで苦行僧のように、あるいは、鞭打たれて快感を覚えるマゾのように、ダラダラ汗をかきながら歩く。
  この時期の散歩は概ね夕方となる。だいたい4時から7時の間の1、2時間となっている。そんな時間でも沖縄の夏は、日向を歩くとダラダラ汗をかくのだ。
 先週土曜日も計一万歩を越えた。一万歩のうち約八千歩は、この時期としては珍しく真昼間、その内のほとんどは家からバス停、バス停から桜坂劇場、桜坂劇場から実家までの歩き、つまり、炎天下を八千歩近く歩いたのは、映画を観るためであった。
          

 観た映画は『トライアングル山のミックス(仮名)』、作り手の意欲は何となく解る。なので、「頑張ってるなぁ」と思い、「これからも頑張ってね」と応援したくなる。が、映画の出来は、あくまでも私の感性による意見であるが、残念ながら、炎天下の八千歩という苦行に見合うものではなく、ここで感想を述べるほどのものではなかった。
 ということで、今回は沖縄の映画全般について、私の思うこと。

 沖縄の映画でウチナーグチ(沖縄口)が使われる場合、ウチナーグチを理解できない倭人、及びウチナーンチュの若い人たちのために字幕スーパーが入る。ウチナーグチをヤマトゥグチ(大和口)に翻訳するわけだが、それについてちょっと注文がある。
 例えば、
 山ぬマジムン ユルンユナカに ヌーガナワサミチョン
これを、「山の魔物が夜中に何やら騒いでいる」と訳す。確かに、解りやすくて簡潔な文章となるが、しかし、私としてはこの場合、
 「ユルンユナカに」は「夜も夜中に」と、端折らないで訳して欲しい。
 また、例えば、
 クヮッチーシコウティ 浜にウリトンドー
これを、「ご馳走持って、浜に下りているよ」と訳す。確かに、解りやすくて簡潔な文章となるが、しかし、私としてはこの場合、
 「クヮッチーシコウティ」は「ご馳走準備して」と、より正確に訳して欲しい。

  「端折らない、意訳ではなく直訳で」は、耳で聞いた言葉が、字幕のどの文字に当たるのかを視覚的に捉えることができ、ウチナーグチの単語を観客が理解してくれるかもしれないと思うからだ。特に、ウチナーグチをあまり知らない若いウチナーンチュたちのためにそうして欲しい。単語を覚えたなら、使ってみたいと思うかもしれない。

 ついでに、私の感性では理解できなかったことを一つ、
 『真夏の夜の夢』は確か、シェークスピアの作品であり、それに合わせたメンデルスゾーンの組曲もある。『トライアングル山のミックス(仮名)』はシェークスピアの作品を下敷きにしたらしいが、使われている音楽は何故かバッハであった。エンディングの音楽もまた、ずいぶん的外れであった。何の意図なのか、私には理解できなかった。
          

 記:2009.7.31 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 少数派は慎ましく | トップ | 健康の指標 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。