ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

少量消費生活

2011年04月15日 | ガジ丸通信-政治・経済

 被災者のことを思うと、花見で酒飲んで浮かれるなんてなかなかできるものでは無い。そんな中、「いやいや、自粛ばかりしていては日本経済が沈んでしまう。できるだけ普段通りに消費活動をしたらいい。」と仰る政治家もいる。確かに、経済のことを考えると、全国的に自粛ムードになれば経済も沈滞してしまうかもしれない。
 政治家だけでなく、経済評論家とかいう方々も同様のことを言う。私だって、「普通に生活し消費活動した方がお金が回って、被災者のためにもなる」という考え方は理解できる。国全体に力が無ければ、困っている人を助けることができないだろう。

 病気や怪我をしたなど、いざという時に貯金があれば安心だ。すぐに病院へ駆け込むことができるし、仕事ができなくて収入が無くても生きていける。国全体の力は、被災地で頑張っている消防隊員や警察、自衛隊などの「人の力」だけで無く、財政的な力も必要とされる。「四の五の言わず、とりあえず被災者には一律100万円を支給して当座をしのいでもらえ」と、震災の数日後には総理がきっぱり言うことのできる力だ。
 「世界中からプレハブをかき集め、すぐに必要な分の仮設住宅を準備しろ」なんてことも国の財政がしっかりしていればできるはず。あいにく、日本国は貯金どころか、巨額の借金を抱えている。なので、国が金銭面で国民を助けることに躊躇がある。「一義的には東京電力の責任」なんて言い訳して、時間稼ぎしているようにしか見えない。

 国全体が、収入以上の生活をして、借金を増やし続けてきた結果、いざという時にあまり役に立たない国の財政なのだが、なんでまた長い間、日本国は収入以上の生活を続けて来たんだろうと、今さらながら不思議に思う。
 貧乏人の私が、高級マンションに住み、高級な服を着、高級レストランで食事をし、高級な人たちと付合う、なんて、叶姉妹のような生活をすれば、そりゃあ借金は、一年も経たずに一生働いても返せないような額になるに違いない。まあ、そこまではいかないにしても、日本国は国全体で、それに近いようなことをやってきたのだろうか?

 貧乏人の私は、安いボロアパートに住み、安い服を着、ほとんど毎食自炊し、お付き合い(高級な人は元々少ない)もなるべく遠慮している。それでも、毎月の家計は赤字で、ここ数年は、年間の家計も赤字が続いている。お陰さまで、10年前からコツコツと貯めてきた車買い替え用の貯金も、もうすぐ底をつく状態だ。
  それでも私にはまだ借金が無い。借金をしないよう少量消費生活を続けているからだ。畑で芋(甘藷)を生産しているので、食い物の心配はほぼ無い。少量消費生活に慣れているので、贅沢できないということがストレスになることも無い。食い物は有り、ストレスは無い、というわけで、私にはこれからも楽しく生きて行く自信(慢心かもしれないが)がある。もしも、お金が余分にあれば、贅沢という楽しみが一つ増えるだけのこと。
 少量消費生活の人が増えたら、経済は低いレベルで推移し、世の中から「贅沢」が少なくなるかもしれない。しかし、国や地方も少量消費となり、借金は無い。財政に余裕があれば、いざという時は困った人を助けることができる。そうすると、国民も心安らかに過ごせる・・・かもしれない。それに、少量消費は地球にも優しいと思う。
          

 記:2011.4.15 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニワトリ | トップ | ケラマジカ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。