ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

身の程農法

2012年08月24日 | ガジ丸通信-環境・自然

 もう25年ほども前になるか、農業をやってみたいと思っていたら、高校の同級生であるT子(私は面識無し。私の通っていた高校は1学年14クラス、1クラスだいたい45名ほどの生徒がいたので知らない同級生も多くいる)が無農薬有機で農業やっていると、良く知っている同級生のK子から聞き、T子を紹介して貰って弟子入りした。
 T子のやっている農法は自然農法と言われるものであった。T子からそれがどういうものであるか教わり、そして、本を読み、自分でも勉強した。福岡正信という名をこの時知り、自然農法とは不耕起(耕さないということ)で、肥料も農薬も使わず、除草もしないという農法であることも知った。そして、T子から教わったことは、
 「沖縄は雑草天国なので草は刈る。刈った草は捨てず、土の上に置いておけばそのうち肥料になる。」、「明日雨が降りそうだなという日に種を撒き、水はやらない。根は水を求めて地中深く潜り、丈夫な作物となる。」などといったこと。

 T子の農法は、除草剤も殺虫剤も使わない、水を遣らない、市販の肥料を使わない、という点では自然農法だが、全くの不耕起では無い、ある程度除草をする、自家製の肥料を用いる場合もある、などといった点では福岡正信の自然農法とは違う。
  私がT子の畑に通っていたのは、たぶん半年ほどだったと覚えているが、その間、彼女が殺虫剤を用いるのを見ていない。畑小屋にそれらしきものも無かった。彼女の畑にも病害虫はやってきたであろうが、あまり気にしている様子は無かった。「水をやらなければ根は水を求めて地中深く潜り、丈夫な作物となる」ということが功を奏しているのか、彼女によれば、「丈夫な作物は病害虫にも強い」とのことであった。 
 私が通っていた頃には既にいなかったが、以前は馬を飼っていたと言う。「馬を使って耕していた」とのこと。昔の農村の風景がそこにあったようだ。馬はいなかったが鶏は数羽いた。「玉子を採るためと鶏糞を肥料にするため」とのこと。「肥料をやると作物が大きく育ち、収量も多い」ようだ。確かに、「今回は全くの無肥料で植えてみよう」といって育てたジャガイモを収穫したら、ジャガイモはみな小粒であった。

 彼女はまた、沖縄在来野菜の種を保管していた。「市販の種のほとんどはF1品種というもので、一代限りのものだ。その種を播いても作物はできにくい。それに対し、在来種は種を採取でき、その種を播けば同じ作物が育つ。」とのこと。
  7月から300坪の畑に出勤し、除草やら小屋作りに毎日励んでいるが、家に帰るとパソコンを開いて、どんな畑にするかを考えている。あまり耕さない、あまり除草しない、あまり水をかけない、肥料は畑に生える草で賄うなどとし、「できる分だけができる」という農法。それらは福岡正信の自然農法に少し似て、T子の農法により近い。
 どんな畑にするかを考えている時に「T子の農法に近い」ことに気付き、彼女を想い出し、そして、「在来種は種を採取でき、その種を播けば同じ作物が育つ」も思い出した。芋を収穫したら種芋を残しておき、時期が来たら植える。その他の野菜も同じように種を残しておく。つまり、種、肥料を含め外から何も買わないということだ。その土地にあるものだけで作物を育てることを目指すことにした。私の農法はつまり、「貧乏農法」ということになる。いや、それでは畑が可哀そうなので「身の程農法」としておこう。
          
          

 記:2012.8.17 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 島燃ゆ | トップ | 学力 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。