ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

オンブバッタ

2014年11月12日 | 沖縄の動物:昆虫-直翅目(バッタ他)

 甘えん坊の父ちゃん

 10月18日は母の命日だった。去年が七年忌で今年で満7年となる。早いもんだという感想。「他人の世話にはならない」性格の母だった。持病が悪化して入院して、しばらくたって一時退院した時、「買い物して、荷物がある時は家の階段の上り下りがきつい」と言っていたので、「そういう時は連絡しろよ、手伝うから」と私が申し出ても、一度も連絡が無く、その内、再入院して、あの世へ旅立った。
  父が死んでからは満4年半になる。父は真面目に働く公務員で、真面目に働いて2度も家を建て、親を養い、子を養い育てた。立派な男だと思う。ただ、母に対しては大いに甘えていたと私には見えた。「他人の世話にはならない」性格の母に対し、父は甘えたがり性格だったと思う。昔の男性がそうだったからかもしれないが、縦の物を横にもしないことがあり、「あーしてくれ、こーしてくれ」と母に対する要求は多かった。職場ではシャキッとした人だったかもしれないが、家では母に「おんぶに抱っこ」みたいだった。

 オンブバッタは、雌より一回り小さな雄が、雌の背中に乗っているところをよく見る。そういうところからオンブという名が付いているようである。雌の上に雄が乗るのは他の昆虫でも見られることだが、それは概ね交尾の際の体勢である。オンブバッタもそうだと思われるが、もしも、交尾の時以外でもオンブされていることがあるのだとすれば、よほど甘えん坊の父ちゃんである。小さいからといって、それじゃあ子供だぜと思う。
  オンブバッタの、甘えん坊の雄に比べられたら、父も「何でそんなのと俺とを同じ土俵に置くんだ!」と、あの世で怒るかもしれないが、父は母より大きく、母より力も強かった。細かいことは母に頼ったが、家の中の大工仕事や、腕力のいる作業は父が率先してやっていた。母が病気とか疲れている時などは、洗濯もし、料理もした。オンブバッタに比べればずっと優しい、頼もしい雄だったのである。
 さらに言えば、私の父は、精神的には母に「おんぶに抱っこ」だったかもしれないが、母をおんぶすることはあっても、母におんぶされることは1度も無かった。

 
 オンブバッタ(負蝗虫):直翅目の昆虫
 バッタ科 本州以南、南西諸島、朝鮮、中国に分布 方言名:シェー
 名前の由来、漢字の蝗虫は広辞苑にあったが、バッタという名の由来は不明。オンブについては『沖縄昆虫野外活動図鑑』に「雄は雌よりひと回りほど小型で、しばしば雌の背に乗っているところから」とあった。『沖縄昆虫野外活動図鑑』の写真も私の写真の1枚もそんな絵。交尾時だと思われるが、ただ単に甘えているだけなのかもしれない。オンブを広辞苑で引くと漢字表記が負とあった。これは長年生きてきて、初めて知った。 
 体長雄25ミリ内外、雌42ミリ内外。平地でも山地でも草地や畑などで普通に見られる種。体色には緑色型と褐色型がある。稀にキク科植物を食害することがあると『沖縄昆虫野外活動図鑑』にあった。キク科植物、私の畑には時期によってレタス、ゴボウ、シュンギクなどあり、キクイモ、ヨモギは年中ある。気を付けよう。出現は4~12月。
 
 脱皮

 記:ガジ丸 2005.12.5 →沖縄の動物目次
 2014.10.11訂正加筆

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行
 『名前といわれ昆虫図鑑』偕成社発行
 『いちむし』アクアコーラル企画発行
 『学研生物図鑑』本間三郎編、株式会社学習研究社発行
 『昆虫の図鑑 採集と標本の作り方』福田春夫、他著、株式会社南方新社社発行
 『琉球列島の鳴く虫たち』大城安弘著、鳴く虫会発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴボウ短命 | トップ | ショウリョウバッタ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。