ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

美しい映画『中国の植物学者の娘たち』

2008年03月28日 | ガジ丸通信-音楽・映画

 友人のSに強く勧められて、先週金曜日の午前中、映画を観に行った。その日が最終日で、しかも昼12時が最終上映だったので、午前中の映画となった。あれこれ雑用があって、忙しくて、映画を観に行く時間も作れなかったのだが、確かな感性を持っているSが「ぜひ」と勧めるので、雑用を放って出かけたのであった。
 映画は久しぶりである。去年の11月に『沖縄カウボーイ』を観て以来、約四ヶ月ぶりのこと。桜坂劇場の会員となっているが、会員の特典である招待券なども無駄にしているので、会員費を払っている分の元も取れていないのである。
 
 さて、Sが勧めた映画は、『中国の植物学者の娘たち』。その題名を私は初めて聞く。桜坂劇場から送られてくるチラシを見た。監督はダイ・シージエというが、その名前も、私は全く知らなかった。であるが、Sの「良かった」という言葉を信じる。

 幕が開くと原題らしきものが出た。中国語で『植物園』とあった。『植物園』というと室井佑月の『熱帯植物園』を思い出す。性描写が無遠慮で、鬱陶しくて、食傷してしまって、三分の一も読まないうちに投げ出してしまった。(室井佑月は好きである)。それを思い出し、Sから同性愛の話だと聞いていたので、どうなることかと思った。が、
  『中国の植物学者の娘たち』はとても美しい映画であった。美しい景色が随所にあり、美しい二人の女性が出ている。映画の美しさはしかし、そういうことだけで無く、恋愛の表現にもあった。「好き」であることの表現がとても美しいのであった。
 美しい恋愛であった。美しい愛撫であった。あんなに美しいキスというものを、私は何十年かぶりに見た。二人の美女の、互いに愛を伝えるその言葉もまた美しかった。
 「そうか、好きという感情は美しいものであったか。」と私は、随分前に忘れてしまっていた感覚を思い出した。ただし、映画で表現されていた恋愛の美は、私の経験してきたものをはるかに超えていた。「そうか、好きとはこれほど美しいものであったか。」ということになり、感激して、うるうるしそうになったのであった。
          

  植物学者の娘たちの娘は、一人は実子であり、もう一人は息子の嫁である。二人の娘たちはだから、近親相姦では無い。近親相姦では無いが、同性愛である。同性愛は、中国では許されてなく、忌まわしいものとして扱われ、極刑となるらしい。結局、二人は同性愛が知られて死刑となる。しかし、最後の、ここまでくると私は映画の世界にのめり込んでいて、それが演技であるということもすっかり頭から消えている。最後の、法廷での彼女達の表情も、切なく、そして、とても美しいものであった。

 私に『中国の植物学者の娘たち』を勧めた翌日、Sから再び電話があって、「その監督の前回の作品である『小さな中国のお針子』を、DVDを借りてきて観た。これも最高だった。観た方が良い。」とのこと。「映画を、DVDを借りて家で観る」という習慣が私には無いので、「最高だ」は信じるが、それについては今のところ保留としてある。
          

 記:2008.3.28 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 瓦版054 ウミンチュの匂い | トップ | 唄001 あのよふーん »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。