ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

江戸の粋

2005年07月29日 | ガジ丸通信-文学・美術

 私の好きなタイプの女性を有名人で言えば、・・・あんまりいっぱいいすぎて、美人もカワイイも、チャーミングも個性的も好きなので、数えたら、百を超えるかも知れない。
 条件を絞る。今忙しい私だが、夜、外へ出かけるのが嫌な私だが、それでも「お酒飲みに行きませんか?」と誘われたら、即、「はい!」と返事をしてしまうほど魅力を感じている女性を有名人で言えば、杉浦日向子、室井滋、鈴木亜紀(シンガーソングライター&ピアノ弾き、あんまり有名じゃないと本人はおっしゃっているが、「いい感じ」の歌をたくさん作って、唄ってらっしゃる)、政井マヤ(フジテレビアナウンサー、最近から「あるある大辞典」の司会をやっている。「いい感じ」の雰囲気を持っている)
 考えればもっといるかもしれないが、今のところ思いつくのはこの4人。筆頭に挙げた杉浦日向子は元漫画家。だいぶ前に漫画家は辞めて、江戸風俗研究家みたいなものになっていて、NHKの「お江戸でござる」に出演していた。彼女の漫画が大好きで、私はファンであった。NHKに出ている彼女を見て、私は彼女のファンにもなった。
 粋を知っている人であった。というのはおこがましい。私自身は粋を知らないので、粋を知っている人などと判断はできないが、彼女の話、だけでなく、彼女の身振りや表情などが“粋”なのではないかと感じた。粋を知っている(と私が思う)人である。
 沖縄の無粋者が訪ねたとしても、会ってくれるとはあまり期待できないが、いつか会いに行こうと思っていた。とりあえず、ファンレターは出そうと思っていた。が、そのうちそのうちと思っているうちに、いつのまにか、2年ほど前からだったか、テレビの「お江戸でござる」にも出なくなってしまい。その後、どこでどんな活躍をしているのか不明となってしまう。どうしているのかなー、と気にはなっていたのだが・・・。
 今年の春に、私の大好きな歌唄い、高田渡が死んだ。歌唄いの中ではもっとも影響を受け、その感性を愛していたのですごく残念なことだと思いはしたが、「御身大切に」しない人だったので、「奴もとうとう死んでしまったか」という感覚の方が強い。
 月曜日(25日)、職場のパソコンでインターネットのニュースを見ていたら、「えっ!」と驚くようなものが目に入った。「杉浦日向子亡くなる」という見出し。「ウソだろう」と思いつつ、記事を読む。亡くなったのは22日の未明、死因はガン、46歳。
 「江戸の粋」を深く理解し、現代の我々に伝えてくれた人はまた、「酒の粋」もよく理解している人のように思われた。酒の話をする時のクシャクシャした笑顔が、私はたまらなく好きだった。「あー、その一杯、ほんの一杯を飲む時間でいいから、お相伴させてください。」と何度も思った。いつか、そうできればと思っていたのだが・・・。
 46歳はしかし、いかにも若い。ご冥福を祈る、なんてことも言い辛い。残念としか言いようが無い。無念としか思いようが無い。いつか天国で会えることを期待するしかない。その時は旨い日本酒を土産に持っていこう。「あんた誰?」と言われそうだが。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・まだ何か言い足りない余韻。

 記:2005.7.26 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デブるスパイラル | トップ | 数段違い平行棒 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。