ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

寅さんに培われた人間表現

2004年11月05日 | ガジ丸通信-音楽・映画

 例年、映画鑑賞は年に4、5本だったのが、今年は既にその倍以上観ている。
 「半落ち」、「ラストサムライ」、「イノセンス」、「深呼吸の必要」、「風音」、「スチームボーイ」、「華氏911」、「炎のジプシーブラス」、題名は忘れたが、沖縄をテーマにした東陽一監督の初期の2作品、そして、つい先週の「隠し剣、鬼の爪」
 これら全ての作品についてそれぞれ感想はあるのだが、友人たちにメールまで書いて誉めたものは「風音」1作品のみ。「風音」はしかし、沖縄物という贔屓が少しあってのことで、純粋に作品の出来栄えだけでメールを書いて誉めた映画は、ここ数年間で2作品しかない。その2作品は「千と千尋の神隠し」と「たそがれ清兵衛」。
 私は、国民的人気映画「寅さんシリーズ」をあまり観ていない。3、4の作品を観て、ワンパターンの人情喜劇に過ぎないと評価し、多くを観る必要は無いと判断したのだ。よって、山田洋次監督にもさほどの興味は持っていなかった。
 「たそがれ清兵衛」を観に行ったきっかけは、だから、よく覚えていない。街に出る用事があって、ついでに映画でも観るかということになって、たまたま「たそがれ清兵衛」が上映されていた、ということだったのかもしれない。映画は、観るとすればほとんど邦画。ハリウッド映画は好きでないので、「ハリーポッター」だろうが、「タイタニック」だろうが、それらが隣でやっていても、「たそがれ清兵衛」をきっと選ぶ。
 映画は映画館で観るに限ると私は思っている。暗い映画館、視野に映るほとんどはスクリーン。そこにいると映画の世界にのめり込むことができる。映画の空気を感じることができる。家で寝そべってテレビ画面を注視したとしても、周りの日常が目に入って非日常の世界へ入っていけない。映画の価値は、だから、いかにその映画が作り出す空気を感じさせるかだ。その世界へ観客をいかに引き込むかだ、と私は思っている。
 「清兵衛」がその世界へ私を引き込むのには、映画が始まってほんの10分とかからなかった。それは、「千と千尋」に匹敵するものであり、私は大いに満足した。
 よって、山田洋次監督の時代劇2作目にも私は大いに期待し、沖縄での上映初日であった先週土曜日、部屋の掃除、畑仕事など全ての用事をキャンセルして観に行った。
 「隠し剣、鬼の爪」は期待を裏切らなかった。私が贔屓目無しに友人たちにメールまで書いて誉める、3本目の映画となった。で、誉める。
 登場人物の描き方が上手い。現代には存在しない人物が、そこに実在するかのような現実感がある。それだけで私はもう、映画の世界へ引きずり込まれていく。人物一人一人が生身の人間としてスクリーンに映り、彼らの言葉や所作が映画の空気を作っていく。永瀬正敏も松たかこも私はよく知らなかったのだが、良い役者だった。山田洋次は人間表現が上手なのだと感じた。それは、たぶん「寅さん」を撮り重ねていく中で培われた力なのだろうと思った。そういえば「寅さん」の登場人物って、一人一人が、チョイ役までもが皆個性があって、今、そこに生きている人間って思えたよね。
 さて、映画、今年はまた、宮崎駿の新作もある。きっと観に行く。北野武作品同様、いつも私の期待を6分程度しか満足させない監督の作品もやっている。「笑いの大学」、これは観に行くかどうか迷う。ついでがあれば、ということになるだろう。

 記:2004.11.5 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地雷を踏む思いで | トップ | 「地雷を踏む思いで」の追記 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。