ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

アカギ

2017年07月16日 | 沖縄の草木:公園街路

 真面目なオジサンである私は、60年前の悲劇を体験はしていないが、聞いて知っていて、人が人で無くなる悲惨な状況は、二度と繰り返してはいけないと強く願っている。にも関わらず私は、「ひめゆり」という言葉を聞いて、「ひめゆり学徒隊」や「ひめゆりの塔」よりも先に、「ひめゆり通り」を思い浮かべてしまう。
 那覇市の安里十字路から与儀十字路までの直線の道を「ひめゆり通り」と呼んでいる。現在は無いが、以前、安里十字路近くの栄町に「沖縄師範学校女子部」と「沖縄県立第一高等女学校」(注1)があったことから通称としてそう呼んでいるとのこと。
 私の実家は那覇市泊にあって、「ひめゆり通り」までは歩いて15分もかからない、今から思えば我が庭のような範囲にあるが、「ひめゆり通り」は、中学生の私にとって恐怖の道であった。その通り沿いに神原中という学校があって、そこは不良の多い学校で、私は2度ばかり、「ひめゆり通り」でカツアゲにあっている。で、「ひめゆり通り」という言葉は心の奥の記憶に強く残っている。「ひめゆり」が「ひめゆりの塔」では無く「ひめゆり通り」を真っ先にイメージするというのは、それに起因する。

 「あかぎ」という言葉を聞いて、「赤城の山」や、それを今宵限りとした「国定忠治」を思い浮かべる人が倭人には多いだろうが、私は真っ先に「ひめゆり通り」をイメージしてしまう。中学の頃そうであったかは記憶に無いが、だいぶ前から「ひめゆり通り」の街路樹はアカギの木であった。アカギは今もあり、もう大木になっている。

 注1:「沖縄師範学校女子部」の交友会誌の名前を白百合といい、「沖縄県立第一高等女学校」の交友会誌の名前を乙姫といった。両校が併置された時、両者の交友会誌も統合されて名前が姫百合となった。「ひめゆり学徒隊」もここから来ている。
 
 アカギ(赤木):公園・街路
 トウダイグサ科の常緑高木。原産分布は沖縄、台湾、インド、他。方言名:アカン
 高さ20mにもなる。成長が速く、萌芽力が強く、枝が混みやすいので、特に街路の場合は適宜の剪定を必要とする。切り口から腐朽しやすいので、蝋などを塗って予防する。
 大木になるので民家の庭には不向きだが、枝が横に広がり、良い形の緑陰樹となるので、公園や街路樹に多く用いられている。陽光地を好む。
 与那国島に生息する世界最大の蛾、ヨナグニサンの食草でもあるが、直径1センチほどの実が多数つき、鳥の好餌木ともなっている。結実期は10月から4月。
 樹皮や材が赤いのでアカギという名前。その材は有用で、建築材、家具材として利用されている。
 首里金城町の大アカギ群は国の天然記念物。
 
 花

 記:島乃ガジ丸 2005.7.2 →沖縄の草木目次

 参考文献
 『新緑化樹木のしおり』(社)沖縄県造園建設業協会編著、同協会発行
 『沖縄の都市緑化植物図鑑』(財)海洋博覧会記念公園管理財団編集、同財団発行
 『沖縄園芸百科』株式会社新報出版企画・編集・発行
 『沖縄植物野外活用図鑑』池原直樹著、新星図書出版発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄園芸植物大図鑑』白井祥平著、沖縄教育出版(株)発行
 『親子で見る身近な植物図鑑』いじゅの会著、(株)沖縄出版発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リュウキュウハギ | トップ | アカテツ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。