ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ユウマダラエダシャク

2011年11月03日 | 沖縄の動物:昆虫-鱗翅目(チョウ・ガ)

 目立つ糞

 近所の野良猫どもには困ったものである、ということについては別項「近所の猫たち」に詳しく書いている。それを書いてから2年余りが経ったが、彼らは今でも変わらず「困ったもの」である。私が今のアパートに住んで11年半近くが過ぎているが、その間に、「困ったもの」のメンバーは少しずつ変わってはいるのだが、メンバーが変わっても、彼らが「困ったもの」であることにはなんら変わりが無い。
 彼らの非道についてはもう半ば諦めて、今では腹を立てることも少なくなったのだが、先日、ベッドの傍の、窓の少し横、ベランダの上に非道がなされた。もう夏のような暑さの沖縄、窓を開けずして寝ることはできない。が、開けると臭い。チクショーめ!
 ベランダになされた糞は、目立つのでうっかり踏んでしまうということは無いが、アパートの駐車場は土面である。土に雑草が生えていて、時々刈ってはいるが、たいていは数センチから数十センチの高さに草が蔓延っている。そこに糞をされると、気付かずに踏んでしまうことがある。土の上、草に紛れては、猫の糞は目立たないのである。

 ユウマダラエダシャクは(鳥の)糞に擬態しているそうである。文献にそう書いてあった。緑の葉の上で目立つ糞は、気付かずに触れてしまうことは無いのだが、じつは、私には糞には見えない。色は似ているのかもしれないが、翅を広げて止まっているので何しろ大きい。こんな大きな糞をする奴は、でっかいワシか、あるいはダチョウか、いる場所が限られたものであろう。少なくともこの辺りにはいない。

 ユウマダラエダシャク(夕斑枝尺):鱗翅目の昆虫
 シャクガ科 北海道~沖縄、中国に分布 方言名:ハベル(蝶蛾の総称)
 シャクガはシャクガ科の蛾の総称。シャクは尺でシャクトリムシ(尺取虫)のシャク。シャクトリムシはエダシャクの俗称で、エダシャク(枝尺)はシャクガ科の蛾の「幼虫」の総称。歩く姿が指で尺をとる(長さを計る)のに似ているところからその名がある。
 本種は翅に斑(まだら)模様があるのでマダラとつくのだと思われる。マダラエダシャクという名の種は、文献に無く、ネットで調べてみたが、そこにも無かった。マダラエダシャクの前にクロとかチャとかつくものはあった。それらはそれなりの名前だろうと想像できるが、本種のユウが解らない。夕方に出現するから夕であろうと推測はしたが、でも実際には、私が見たものは、4回見たが、その4回とも真っ昼間であった。
 私が経験したことは正しいようで、文献にも本種は「昼間、葉の表に止まっている」とあった。翅の模様は鳥の糞に擬態しているとのこと。前翅長18~25ミリ。成虫の出現は3~12月。幼虫の食草はオキンワシキミ、マサキ、ハリツルマサキなど。
 
 成虫   

 記:ガジ丸 2006.5.27  →沖縄の動物目次 →蝶蛾アルバム

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テングチョウ | トップ | クロホウジャク »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。