ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

子作りの季節

2010年12月18日 | 沖縄01自然風景季節

  ゴールデンウィークが終わる頃、概ね5月5日頃から沖縄は梅雨の季節となる。沖縄の梅雨の季節は、その始まりの頃も覚えやすいが、終わりの頃もまた覚えやすい。ウチナーンチュにとっては平和を願う大切な日、条例で県民の休日ともなっている6月23日、慰霊の日(詳しくは次回に)の頃が、概ね沖縄の梅雨の明ける頃である。
 梅雨明け1週間前にして、ここ数日、豪雨が続いている。滝のようなとか、バケツをひっくり返したようなとかの形容があるが、ジーパン穿いて外に出ると、十数秒でパンツまでびしょ濡れになるような 激しい雨、と私は表現しておこう。

 今朝もそんな豪雨が降り続いていた。アパートの階段は流れの速いカスケードと化し、靴が濡れる。車のドアを開け乗り込むまでのほんの短い時間に、肩口からズボンの裾までが濡れる。車の中にも雨が入り込む。濡れた場所をタオルで拭いて、呼吸を整えて、車を走らせた。
 雨はフロントガラスを激しく叩く。ワイパーを強にしないと落ちてくる雨の勢いに勝てない。水しぶきで前方がぼやけている。道路のあちこちで水が溢れている。それでも、運転に危険は少ない。速く走れないからだ。10時過ぎという時間帯にも関わら ず、渋滞しているのだ。宜野湾市にある職場までは、片道およそ30分くらいなのだが、今日は倍の1時間もかかってしまった。
 職場まであと数百メートルの辺りに小さな川がある。その川に漫々と水が流れているのを、私は、もう15、6年もこの道を通っているが、初めて見た。川の水は南から北へ流れているのだということも今日始めて知った。水は、赤土色に染まって凄まじい勢いで流れていた。

 梅雨に入ってから一ヶ月余り、しばしばカラ梅雨となって夏の水不足を招くことも多い沖縄なのだ が、今年の梅雨は雨が多い。水源であるダムの全てが今、満杯となっていることだろう。そんな中、ほんの数日あった梅雨の晴れ間に、虫たちの交尾する姿を見た。虫たちにとってはこの時期が子作りの季節みたいである。私がすぐ傍に近付いても逃げようとしない。彼らにとって我が命よりも子孫を残すことが大事なのかもしれない。それは、太古より連綿と続くDNAの成せる技なのかもしれないが、あっぱれ!と思った。先週の土曜日、今年初のセミの声も聞いた。
     
     
     
     
     

 記:ガジ丸 2005.6.17 →沖縄の生活目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真面目な焼物 | トップ | 辛抱は致し方なく »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。