ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

我が身のこととして

2006年05月19日 | ガジ丸通信-音楽・映画

 12月から3月までは仕事が忙しかった。4月は、そのせいで伸び伸びになっていた雑用を片付けるのに忙しかった。で、この間、映画を観に行っていない。毎月、桜坂劇場から送られてくる映画のスケジュール表も、この5ヵ月分は封も切っていない。3月上旬には小津安二郎特集があって、観たかったのだが、行けなかった。
 先週土曜日(13日)、そんな久々の映画へ出かけた。特に観たいと思う映画は無かったのであるが、概ね私好みの映画を上映してくれているので、とりあえず桜坂劇場へ。行く前に一応新聞の映画欄を見る。そこに、「もう一つのシンドラーのリスト」といった内容のキャッチが載っていた。それだけを読んで観ようと思った。『ホテルルワンダ』。
 新聞にある「アフリカの悲劇の裏側で、本当にあった感動の物語。もう一つのシンドラーのリスト」、私はその程度の予備知識しか持っていなかった。ルワンダ内戦のことも、その当時はニュースで知っていたと思うが、既に、すっかり忘れていた。
 遅れたいと思って遅れるわけじゃないが、映画の上映時間に私はたいてい遅れる。家からバス停に向かう。バス通りに出たらバスが来た。バス停までは約50m。走れば間に合うかもしれないが、走っても間に合わなかった時のショックは大きいので、走らない。次のバスまで待つ。よって、この日の上映時間にもまた遅れてしまった。
 チケットを購入して、中へ入ろうとすると、「混んでますよ」と係りの人が言う。ちょっと驚く。マニア向け映画の多い桜坂劇場が混んでいるなんて。そういえば、ロビーにも人が多く、なんだか賑やか。「頑張ってるんだ、桜坂劇場は」と少し嬉しく思う。
 中へ入る。確かに、桜坂劇場にしては混んでいたが、席はポツポツ空いている。全体としては8分の入りといった感じ。両隣に人がいる席に座る。両隣に人がいるなんて、桜坂劇場では初めての経験である。スクリーンは、幸いにも、まだ予告編だった。

 物語が終わって、スクリーンには出演者、スタッフを紹介するテロップが流れる。その時に席を立つ人も多いが、私はたいてい最後まで見る。映画の余韻に浸っている。その時もまた、場内が明るくなるまで座っていた。ちょっとウルウルしていたので、それが落ち着くのを待ってもいた。ちょっとウルウルは、その時きっと、多くの人がそうだったに違いない。暗い内に席を立つ人は少なかった。
 明るくなって、みんなが出口に向かう。私の前を歩いている人がモタモタしている。オバサンである。「さっさ歩かんか」と心の中で思う。見ると、そのオバサンの前の人がヨタヨタしている。バアサンである。前のオバサンの連れみたいである。バアサンはヨタヨタして、ついに、近くの席へ崩れるようにして座った。オバサンが寄り添う。「大丈夫?」と私は思い、バアサンを見る。バアサンは大丈夫であった。ハンカチを手にして、止まらない涙を拭いていたのである。涙が止まらない自分が恥ずかしくて、可笑しく感じているのか、泣きながら笑ってもいた。「あっさみよー、どーしようかねー」って感じ。
 バアサンの歳だと、沖縄戦を体験している。『ホテルルワンダ』にあった悲惨とおなじようなことを経験したに違いない。『ホテルルワンダ』の悲しみは、我が身のこととしてバアサンは感じたのであろう。涙が止まらないのであろう。
 『ホテルルワンダ』、最後には希望の光も見えて、私にとっても、良い映画でした。

 記:2005.5.19 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マスコミが親分 | トップ | 子供の季節 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。