ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

時は命なり

2013年02月15日 | ガジ丸通信-社会・生活

 300坪の畑なっぴばる、2月1日から手間と時間のかかる作業を始めてしまった。1月末までに枝豆を植えるための2畝を立てた。だけどまだ枝豆は植えていない。これまでの畝がそうであったように、枝豆予定の畝も土の大きな塊がゴロゴロしている。土が硬くて、全然ほぐれてくれないのだ。今まではそのまま種を撒いたりしていたが、撒いたホウレンソウ、ダイコン、ジャガイモなどの出来は悪かった。
 無農薬に加え、無施肥という自然農法に近い方法を取っている上、耕起(耕すこと)もいい加減にやっていたわけだが、試行錯誤の一つとして、無施肥でもきちんと耕してみたら作物の出来はどうなるか、を試そうと、今回は十分な耕起をすることにした。
  「十分な耕起」とは、土の塊を比較的柔らかいものは手でほぐし、私の握力が及ばないほど硬い塊はヘラで細かくする作業だ。これがとても時間と手間のかかる作業。2月1日から始め、昨日までに延べ約50時間をかけているが、やっと1畝終えたところ。「耕運機を使えば2、3時間で済むじゃないか」なのだが、私はしかし、その時間が無駄だとは思っていない。コツコツやっていることが成功するか失敗するか分からないが、コツコツやっている時間は充実している。少なくとも土はほぐれている。腰は痛いが。
          

 制限時速40キロメートルの道を、前の車が時速40キロメートルで走っていると、ちょっとイライラするが、向こうが正しいので、さほどストレスにはならない。「そうか、ならば俺も、今日はのんびり行こう」などと気分を変えて運転する。
 制限時速40キロメートルの道を、前の車が時速30キロメートルで走っていると、これは大いにイライラする。いや、していた。「何してるトットロー、この道はお前専用の道か!後ろの事も考えろ!」などと、口にはしないが、思っていた。しかし今は、
 「もうすぐ産まれる妊婦が自ら運転しているのかもしれない」、「ド近眼の人が眼鏡を忘れたのかもしれない」などと思い、もうすぐ産まれそうな赤ちゃんの気分やド近眼の人の気分になったりして、のろのろ運転の時間を楽しむようにしている。

 先週のガジ丸通信『農夫の信仰』の中で、「もしも、にっちもさっちも行かなくなったら死ねばいいだけのことだ。これが新米農夫、私の信仰と言えるかもしれない。」と書いた。その「にっちもさっちも行かなくなったら死ねばいいだけのこと」に対し、「命を粗末に考えてはいけない」と言う人がいたので、それに対する反論。

  人はいずれ死ぬんだから、明日死んだとしても文句は言わない。ただ、生かされている間は生きていようとは思っている。生かされている間はできるだけ楽しく生きてやろうと思っている。楽しく無い時間はできるだけ避けたいと思っている。
 私は「時は命」だと思っている。金には替え難い命、だから、私にとって楽しく無い時間こそが「命を粗末に扱っている」ことになる。今楽しくなくても、その時間が将来の楽しい時間に繋がるのであれば、それは「時間の有効活用」だと思う。
 硬い土を手でほぐすという難儀で手間と時間のかかる作業は時間の有効活用。のろのろ運転でイライラする時間を、お母さんの股の間から出そうになって「どうする?今出ちゃダメ?」と赤ちゃんの気分になるのは、「時間を楽しむ」ための苦肉の策。
          

 記:2013.2.23 島乃ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うっちん茶 | トップ | ヤマノイモ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。