ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

人生の仕上げ仕事

2007年05月11日 | ガジ丸通信-社会・生活

 今週のコラムにも書いたが、このところずっと忙しかった。やりたいことが常にいっぱいある私は、常に忙しいと言えば忙しいのだが、母親が体調を崩して、一ヶ月ほど前から入院したのである。で、週末見舞いに行ったり、実家へ行ったりしている。父も脳梗塞だったか脳溢血だったか忘れたが、以前に患っており、食事や風呂、トイレなどに他人の手を借りるほどでは無いが、今も右半身が少し不自由である。母の入院している病院は実家から近いので、そのついでに実家へ寄り、父の様子を見ている。

 父は77歳、母は78歳。この歳になってパソコンを始める。見上げた心意気である。父はまあ、ほとんど外出をせず、人と会うこともあまり無く、で、暇を持て余して、パソコンでもやるかという気分みたいだが、母へは、私が勧めた。
 母は、自分の親を褒めるのも何なんだが、私にとっては口煩い人でしかなかったが、周囲の多くの人に、きっと尊敬されている。他人のためによく働くのである。私が子供の頃には、経済的に恵まれない親戚の子供を家に預かったりしていた。今でも、父の面倒を見ながら、ほとんど毎日外出し、ボランティア活動に忙しい日々を送っている。
 自分も高齢になっていることを忘れ、そうやって一所懸命動いているうちに、その無理が祟って持病が悪化したみたいである。我慢強い母が、その我慢が効かないほどに。
 母の持病は、詳しくは述べないが、実は30年も前に発病したとのこと。それを私は、3週間前に母の主治医から聞いた。初耳であった。母にそのことを聞くと、それは誰も知らないことらしい。父(母の夫)も、母が信頼している叔父(母の弟)さえも知らないらしい。母は、誰にも言わず、30年間、一人でその病気と戦ってきたらしい。

 主治医とも話し合った結果、まあ、とにかく、あまり働き過ぎないようにしようということになって、ボランティア活動なども、極力減らすということを母に約束させた。母は回遊魚みたいな人である。動いていることが生きていることみたいな人である。それを、動くなと言うからには、他に何か楽しみを、あるいは目標を持たせなければなるまい。ということで、老母にパソコンを勧めたというわけである。

  さて、オジーオバーのパソコン講座、パソコンで年寄りが何をするかと考えた。「そうだ、自伝を書かせよう」と閃いた。戦中戦後の激動の時代を生きたきた二人だ。波乱万丈の物語があるに違いない。それはたぶん、二人にとっても思い出を語り合う良い機会になろう。二人の人生の仕上げの仕事にもなろう。ということで、先ずはワードを覚えさせることにした。文字を入力することさえできれば、年賀状や手紙も書けるし、インターネットを繋げばメールもできる。オジーオバーのパソコン生活はバラ色になる。
 オジーオバーのためのパソコンマニュアル作りは、ということで、パソコンの電源を入れる、切るから始まって、ワードを立ち上げ、文字を入力する準備までの内容とした。その先がまた大変なんだが、一応そこまでのマニュアルは作りは終えている。
          

 今週のコラムにも書いたが、そんなこんなで忙しかった中私は、ホームページの刷新にも取り組んだ。何もこんな時にとも思うのだが、予定していたことであり、予定通りに実行したのである。お陰で、畑仕事がなおざりになっているというわけである。
 なお、今週のガジ丸通信の記事は本編の他に17題あり、本稿の前にさっき既にアップしたが、それらはガジ丸HPの『沖縄の雑談』で既に発表したもので、それをこのブログに移したもの。全て古い記事である。

 記:2007.5.11 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マネリズム、マンネリズム | トップ | 瓦版030 キャンプの一夜その2 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。