ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

チラチチカリンドウ

2010年12月31日 | 沖縄04行事祭り・生活風習・言葉

 「チラチチカリンドウ」と聞くとウチナーンチュはビビるのであるが、「チラチチカ」は字面も良く、音も良い。星がチラチラ揺れて、チカチカ眩しく煌いているような印象を受ける。そんな名の付いたリンドウが沖縄にはあるのかと倭人は思い、何でそんな素敵な名前のリンドウに、ウチナーンチュがビビるのか不思議に思うかもしれない。
 ウチナーグチ(沖縄口)のチラチチカリンドウは、正確にはチラチチカリンドーと発音され、チラ、チチカリン、ドーと分けられる。チラはツラ(面:顔のこと)、チチカリンは言葉としては「突かれる」に近く、意味としては「叩かれる」ということになる。ドーは「何々するぞ」の「ぞ」に近く、前に述べる行為の強調となる。よって、全体では「顔を叩かれるぞ!」ということになる。

  高校生の頃、私は首里バスを利用していた。このバスが時刻表通りにやってくることは滅多に無かった。首里バスだけで無く、他のバスもそうであったと思う。ウチナーンチュの多くは、時間を守ることを大切な事だと思っていない。バスの運転手も同様である。まあバスについては、道路の混雑が酷かったという理由もあるが。お陰さまで、私は高校一年で30回ほど、2年ではその倍ほど学校の始業に間に合わなかった。
 沖縄のバスは時間も守らなかったが、運転手の運転も荒かった。急発進、急停車、急ハンドルなどは日常茶飯にあった。運転手はまた、その性格も荒かった。
 ある日、私の友人がタダ乗りをした。金を払わずに後のドアから降りた。運転手がバスを降りて、鬼のような形相で友人を追いかけ、捕まえた。そして、言った。
 「チラチチカリンドー!」
 まるでヤクザの物言いなのである。公共交通機関のバスの運転手ではあったが、少年たちにはヤクザのように怖い人たちであった。
 なお、写真の植物はクラリンドウ。チラチチカリンドウとは何の関係も無い。

 首里バス
 1935年、首里市営バスとして設立。戦後、1950年から民営(米軍のではないということ)バスの一つになる。1951年、米軍の指示により、市営バスから民間会社に移行。株式会社首里バスとなる。那覇市内のバス運営は、銀バスとの競合が多く、1974年、沖縄総合事務局の指導により、銀バスに吸収合併される。
 その銀バス、外観に銀色が多いことから銀バスという愛称で、正式名称は那覇交通株式会社という。去年だったか一昨年だったかに、経営難から福岡のバス会社に経営権が委譲され、現在は那覇バスという名前になっている。さすがに福岡の会社だけあって、社員教育も良いようで、昔のような運転手は、今はもういない。
     

 記:ガジ丸 2006.4.24 →沖縄の生活目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナミノウエ | トップ | 違いの判るオバー »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。